大学に飽きた僕がとった最高に楽しい選択。学生はみんなこれやるべき 

こんにちは、りきです。

毎日、電車乗って、授業受けて、バイトして、帰宅。

大学生活はこの繰り返しです。

で、たまに飲み会があったり、
サークルがあったり。

 

慣れてくれば、
それが日常になり、

「なんかつまんないな〜」

って感じることもあります。

僕も普通に
大学生活に飽きた時期もあるので
その体験を元に書いて行きます。

僕が大学生活に飽きてしまった理由

僕が大学生活に飽きた理由を
分析すると3つくらいになりました。

多分、共感してくれるはずです。

一緒にいるメンバーが固定され新しい出会いがなかったから

大学生活が長くなると
メンバー固定されて来ますよね。

僕はだいたい5人くらいで
毎日一緒でした。

 

昼飯もだいたいそのメンバーで食べるし
飲み会もそのメンバー、
授業とかもだいたい同じメンバー。

こうなると
毎日ほぼ同じことの繰り返しです。

 

新しい出会いが生まれづらくなってしまうんですよね。

やっぱり刺激は
人との出会いから生まれます。

なので、つまらないと思うなら
新しい出会いを積極的に作って行くしかないです。

授業がつまらなすぎたから

これは定番。

大学の授業って
狭く深くです。

なので、そもそも
そのジャンルに興味がない場合、
深く掘り下げるのは苦痛です。

 

僕は、経済学部だったんですが、
今までの経済の歴史とかまじで
興味なかったです。

貿易の取り決めとかの授業も受けてましたが、

「いや、こんな知識絶対使わない」

って思ってました。

でも単位とらないと
卒業できないので
仕方なしで受ける感じ。

 

もう時間を無駄にしている感半端ないです。

なので、つまらない時、
僕は事業中にFXトレードとかして遊んでました。笑

バイトにも慣れてしまったから

大学生に「1番嫌いな時間はいつですか?」
ってアンケートとったら

ほとんどの人が「バイト前」って答えると思います。笑

 

そのくらいバイト前の
時間が憂鬱でした。

それに、バイトに慣れてくると
それもそれで刺激が無くなります。

新しいバイトは緊張して嫌だけど、
慣れてるバイトもメンバーが固定されて微妙です。

 

なので、
個人的にイベントの設営とかおすすめ。

イベント設営とかだと
毎回メンバー違うし、
そこまで難しくないし。

コンサートの設営だと
アーティストの歌も聞けるので一石二鳥的なこともあります。

「飽き」は毎日単調な生活になってることが原因

当たり前ですが、
飽きって毎日単調な生活が原因です。

だって、入学してすぐ

「あ〜大学飽きたわ〜」

ってなる人はいないと思うので。

 

電車乗って通学して
授業受けて
バイトして帰宅する。

この生活が長く慣れば
飽きがくるのも当然です。

じゃ、どうするかってことなんですけど、
それをここから説明しますね。

飽きを解消するなら新しい刺激を入れる

新しい刺激とは
「人との出会い」です。

刺激は全て人から受けます。

なので、刺激が欲しいなら
新しい出会いを積極的に探すといいです。

 

いつもは絡まない人と絡んでみるとか、
SNSで気になる人にDM送って見るとか。

大学生活に飽きてしまう原因も
つまらなくなってしまうのも
すべで人が原因。

だって、
毎日違う人と出会って仲良くなってたら
飽きとか来ないですよ。

大学生活に飽きた僕がとった行動

で、僕が人との新しい出会いを生むために何をしたか?

ヒッチハイクとか、
バックパッカーとか
いろいろありますが、

とりあえず3つ紹介します。

休学してオーストラリアに行った

オーストラリアに行ったのは
商社でのインターンが目的でした。

で、その結果
かなりの新しい出会いを手にしました。

 

シャアハウスでは、
イギリス人、フィリピン人、タイ人、ブラジル人
と半年間一緒に住み、
彼らの将来の夢とか聞いてました。

やっぱり、
国によって将来の夢とか
目標ってなんか違うんですよね。

あれは面白かったです。

 

もちろん現地には
日本人もいて、
日本に帰ってきてからも会って飲みました。

大学に通ってるだけだったら
絶対出会ってない人たちです。

社会人になって
海外行ってシャアハウス住んで
友人作るとかほぼ無理なので、

こーゆー系は
大学生のうちがおすすめ。

お金がなくなるまで飲み歩いた

口座に30万しかないときに
その30万を全て飲み代に使ったことがあります。笑

当時の僕からしたら
30万ってかなりの金額です。

それを1ヶ月で
全て飲み代に使いました。

 

完全に頭おかしいです。

しかも、その時
収入0とか。

それで、
毎日渋谷行って
友人と飲み歩きました。

でもその結果、新しい出会いも
増えました。

 

クラブのDJと仲良くなったり、
キャッチのお兄さんと仲良くなって、飲み言ったり。

ロシア人の彼女ができそうになったり
(結果的には無理だったけど笑)

多分、多くの大学生は
飲み代をどう節約して飲もうか考えます。

なので、逆にそこで
他の大学生が使わない金額使えば
また違った人と繋がるんですよね。

webで起業した

もともと起業したいって
思いが強かったので
実際にしました。

その結果
普通の大学生では
見れない世界も見ました。

起業すると
周りには社長とかが集まってきます。

 

それに、学生だからそれだけで目立てる。

正直、学生起業にデメリットはありません。

なので、
学生はみんな起業した方がいいと思ってます。

 

しかも、起業って意外と
簡単なので。

出会いは増えるし、
お金は稼げるし、
学生ではできない経験もできるし。

トータルで見ても
最強の「飽き解消方法」です。

1つ真剣に取り組めることがあると生活がガラッと変わる

大学在学中に
僕が真剣に取り組んだのが

「ビジネス」

です。

 

大学1年、2年と過ごして
かなり刺激が無くなってたんでしょう。

起業して
お金稼いで、遊びたかったんです。笑

 

最初はそんな感じで始めた
ビジネスでしたが
次第にその面白さに気がつきました。

だって、
自分が頑張ったぶんレベルがどんどん上がって行くから。

RPGゲームみたいな感じです。

 

それに、
頑張って工夫した分
お金も稼げるようになる。

そうすると
欲しいものは余裕で買えるようになるし、
旅行とかも我慢しないで良くなりました。

まじで、
ポケモンやってレベルを上げていってる感じ。

 

正直、今までの人生でこれほど
面白いものってなかったです。

失うものがない大学生こそ
起業して、お金を稼いだ方がいいなって思います。

そうすれば
つまらない授業も出る必要なくなります。

 

だって、大学卒業するのって
就職のためじゃないですか。

ビジネス始めて
自分で稼げるよになれば
就職する必要もなくなるので、
そもそも大学卒業とかどうでもよくなります。

つまらない授業なんて出ないで、
ビジネスで出会った面白い人たちと出会う。

 

こんな感じの生活を始めてから
僕は「大学生活に飽きた」という概念がなくなりました。

という感じで今回はこの辺で。

もし、これから
ビジネスを初めてみたいなという人は
【全13種類】ネットビジネス初心者におすすめ稼ぎやすいランキングを公開
を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です