社会人になるのが嫌すぎるので、逃げました。その末路をお知らせします。。。

どうも、りきです。

あなたにとっての社会人のイメージってどんなですか?

満員電車で通勤して
上司の機嫌を伺いながら仕事して
早く時間が過ぎるのを待ち、
楽しみは土日のみ。

みたいな感じですか?

 

僕は大学生のとき
社会人に対してこんな感じのイメージを持ってました。

なので、今のあなたと同じように
社会人になるのがかなり嫌でした。

 

でも、大学を卒業して
社会人になった今、想像してた生活とは
かけ離れた社会人生活をしています。

朝起きる時間も決まってないし
満員電車で通勤する必要もない
上司の機嫌を伺う必要もない
さらには、仕事が楽しくてしょーがないです。

 

じゃ、なんでそんな生活になっているのか?

今日はその辺りも含めて
僕がどうやって今の社会人生活を手に入れたのか?
解説していきます。

会社勤めの社会人が嫌すぎたので起業しました。

僕は本当に会社員が嫌だったので
大学生の時に自分で事業を始めました。

まぁ、事業と言っても
ブログを書いてそこから収入を得る方法ですが。

でも、一応メディア事業です。

僕はこのブログからスタートし
今では同年代の月収の数倍の収入を得ています。

 

社会人が嫌な理由って
人それぞれありますが、
ちょっと僕の社会人が嫌だった理由を紹介します。

基本的に社会人が嫌だったと言うより
会社勤めが嫌だったと言う感じで
みてもらえればと。

社会人が嫌だった理由1:とにかく満員電車に乗りたくなかった

これ一番大きな理由かもしれません。

僕は学生時代、
神奈川県に住んでいて
大学に行くため
満員電車に乗ることもありました。

もうそれが嫌すぎて。

 

「慣れれば平気だよ」
と言う人もいますが
あの環境には慣れたくないなと思います。

朝から満員電車に乗って通勤するくらいなら
起業した方がいいな、ってそのくらい単純な判断です。

社会人が嫌だった理由2:安い給料で頑張りたくなかった

あと、会社員だと
いくら頑張っても給料って上がらなそうだなと。

給料って毎月20万とか決まってますし、
それで頑張ろうってモチベーションにならないなと思ったんです。

 

僕はバイトしている時とかも
常にサボることを考えてしまうタイプでした。

だって、別にサボっても
時給が下がるわけじゃないですし。

なので、社会人になって
会社に就職したら
絶対サボることを考えて
自分の成長につながらないと思ったんです。

社会人が嫌だった理由3:会社員として働くことが不安だった

3つ目の理由としては、
企業に勤めて一生働くことに不安を感じたと言うことです。

それが普通じゃん。
と思う人が多いですが、
会社っていつ潰れるかわからないじゃないですか。

 

それに、自分がやりたい仕事をできるかもわからない。

もしかしてめっちゃ苦手なタイプの
上司に当たるかもしれない。

そうなったら、
もうその環境で我慢して働くしかないわけですよ。

転職しても
そのリスクは常にあるわけで。

 

僕は大学生の時ベンチャー企業で
インターンをしてたことがあるんですが、
僕が入った3ヶ月後くらいに
1人社員の人が入ってきたんです。

それまでは、
みんな仲良くて、社内の雰囲気とかもよかったのに
その人が入ってきた瞬間、
会社内の空気が一気に悪くなったんです。

それで結局僕は
その人が苦手すぎて
インターンを辞めました。

その時に、会社員てこう言うリスクもあるのか。

と感じました。

時間が早く過ぎるのを待つ人生って損だなと。。。

学生時代のバイトとかもそうですが、
時間早くすぎろ。と思って生活するのって
損すぎます。

だって、その時間も
自分の人生なわけじゃないですか。

 

早く時間が過ぎろって思うってことは
早く死にたいと思っているのと一緒です。

それよりやっぱり、
まだ時間がすぎないでくれ、と思って
生活している方が幸せなはずです。

例えば旅行に行った時とか、
好きな人とデートしている時とか。

その時間て過ぎて欲しくないじゃないですか。

 

過ぎて欲しくない時間が多いほど
普通に幸せだと思うんです。

なので、そんな時間を過ごさないためにも
僕は自分の望む道に進んだわけです。

社会人にとって1番の娯楽はビジネス

社会人になった僕が思うのが、
1番の楽しいのはビジネスです。

趣味でサーフィインとか、ゴルフをして楽しむ人もいますが
それより圧倒的にビジネスの方が楽しいです。

 

わかりやすく言うと、リアルRPGゲームです。

日々成長して、どんどん自分が強くなっていく感覚。

 

それに、社会人になったら
働くことが絶対に必要ですよね。

生活していくためにはお金が必要ですし
そのためには仕事をするしかありません。

なので、仕事の楽しさが
人生の幸福度を決めるんじゃないかなと。

人生の7割〜8割は仕事をしているわけですよ。

 

その7割〜8割の時間を楽しめる人と
そうでない人は、圧倒的に違います。

自分が頑張った分収入が上がっていくのが楽しい

なんでここまで仕事が楽しいと言えるのか?

それは、まず頑張った分
収入が上がるからです。

これは会社員として働いている人は
感じられないと思います。

自分が考えて試した施策がハマり
それが収入に直結します。

 

頑張れば頑張った分だけ
金銭的にも余裕が出て
好きなことにお金を使えるようになります。

ファッションとか、旅行とか。

全ての選択肢は自分にある状態

あと、僕の場合は
全ての選択権が自分にあります。

例えば会社員になったら
働く場所、働く人、休みの日などは
会社に決められます。

突然、転勤を迫られたり
部署移動があったり
上司が突然変わったり。

休みの日も
毎週土曜、日曜とかと
決まっています。

 

でも、僕の場合は
働く場所、働く人、休日など
全て自分で選択できます。

家で仕事をしてもいいですし、
海外旅行にいきながら仕事をするのもありです。

休日も自分で決められます。

僕の場合は、基本的に二日酔いの日を
休むことにしてます。

なので、水曜日だったり、月曜日だったり。

曜日感覚もほぼありません。

 

それに働く人も
自分で決められます。

このまで自分に選択権があると
かなり自由です。

なので、普通に仕事が楽しいんですよね。

社会人が嫌なら、自分で稼げる力つけて生活するべし

この記事を通して何が言いたいのかと言うと、
会社員が嫌だったり、
社会人になって働くのが嫌なら
自分で稼げる力を付けるべきと言うことです。

 

自分で稼ぐ力があれば
先ほど言ったように
全ての選択権が自分になります。

働く場所も
働く人も
働く時間も
休日も。

全て自分で決められるようになります。

 

なので、本気で
社会人が嫌ならこの
自分で稼ぐ力を付けるのが手っ取り早いです。

だいたい1年くらい頑張れば
稼げるようになります。

もっと短縮したい場合は
誰かに教えてもらったりすればOKです。

僕も無料LINEマガジン
個人で稼げぐための方法とかを
配信しているので
興味がある人はぜひ受け取ってください。

では、今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です