サラリーマンはなぜ、つまらないのか?24歳で起業した僕が思うこと〜

どうも、りきです。

僕は大学卒業すると同時に独立しました。

その結果、今は月収が同年代の7倍〜8倍とかになっています。

 

正直、学歴があるわけでもないし何か特別なスキルがあったわけでもありません。

それでも、それだけの収入を得られるようになっています。

 

で、今日はそんな僕がサラリーマンがにならなかった理由を紹介しようと思います。

というもの、僕の大学時代の友人とかはみんなサラリーマンとして働いています。

 

友人たちとたまに飲みに行ったりすると

「会社つまんね〜わ〜」
って言ってるんですよ。

 

僕は毎日仕事がめちゃくちゃ楽しいのでその感覚がないんですが、もしサラリーマンになったらつまらない生活が待っていることは予想してました。

だから独立したっていうものあります。

 

では、最後まで読んで見てください。

大学3年生の時にサラリーマンはつまらないと思った

僕は大学3年くらいの時にインターンをしてました。

かなり小さい会社で社員が4人くらい。

 

旅行系のベンチャー企業で、僕の他にもインターンの学生が3人いたんですけど、そのベンチャー企業でサラリーマンてつまらなそうだなと思ったんです。

その理由を紹介します。

めちゃくちゃ働いていも給料が上がらない

サラリーマンってどれだけ働いても給料は一定です。

頑張っても月給25万円。

頑張らなくても月給25万円。

 

僕の性格上、この場合どれだけ頑張らないで月給25万円をもらうか?と考えてしまいます。

社員として最悪ですよね。

 

でもそれが本音だからしょうがない。

で、そう考え出すともう仕事は全く楽しくありません。

 

基本的に仕事って頑張って成果が達成された時が一番楽しさややりがいを感じる瞬間です。

でも頑張らなければ成果も達成されないし、やりがいも感じない。

 

だからつまらないのは当然。

どれだけ頑張っても給料が上がらないってのは、1つのやりがいを奪うことだなって思ったんです。

 

やっぱり頑張った分だけお金欲しいですからね。

これは大学生の時に独立しようと思った最大の理由でもあります。

仕事を選べない

上司からやれと言われたら基本的にやるしかありません。

自分の好き嫌いで仕事を選ぶことが出来なんですよね。

 

これ、普通に働いている人からしたら当たり前だろと思われるかもしれませんが。

独立して自分でビジネスしていると、仕事って選べるんですよ。

 

自分でやりたい仕事だけを選んでやれば良いので普通に楽しい。

もしそれで結果が出なくても自分が選んだ仕事だからしょうがない。

そうなります。

 

楽しそうな仕事だからやる。

つまらなそうな仕事だからやらない。

この選択の自由がないサラリーマンはやはり辛いですよ。

そして、サラリーマンになるのを止める

頑張っても給料が上がらない。

仕事が選べない。

っていう理由をインターン生の時に感じて、そこからは独立を目標として学生生活を送っていました。

 

そして、WEB事業をスタートし卒業後は無事独立を達成したわけです。

もし、周りと同じように就活してそのままサラリーマンになったら多分転職を繰り返してたと思います。

 

というのも、僕は飽き性なので同じ仕事をずっとするのは苦痛です。

独立した今も、やり始めたは良いものの飽きてやめた事業がいくつもあります。

 

でも、自分でビジネスをやっていればそれが許されるんですね。

だから、飽き性の僕は本当に自分で事業を初めてよかったなと思ってます。

起業したら仕事が趣味になった

サラリーマンは毎日同じことの繰り返し。とか言いますが、これは独立しても一緒です。

基本的に毎日同じことの繰り返しです。

 

僕だったら広告を出したり、WEB集客をやったり。

ほぼ毎日同じルーティンの繰り返しです。

 

でも、仕事が楽しくて、ほぼ趣味みたいな感じになってます。

別に平日土日関係なく仕事するし、休日が欲しい。って思ったこともありません。

 

毎日休むこともできるので土日が待ち遠しいって感覚も、月曜日が憂鬱って感覚も皆無です。

というか、ほぼ曜日感覚もない。

 

時間があれば仕事したいくらい。

周りから見れば、やばっと思われるかもしれませんがまじです。

 

だって頑張れば収入も上がるし、新しい仕事が上手く行った時はめちゃくちゃ達成感もあるし。

本当に仕事って言うより、趣味をやっている感覚に近い。

 

ビジネスゲームみたいな感覚です。

同じ仕事でもサラリーマンか、自分のビジネスかで違う

例えば、コピペ作業とかもサラリーマンとしてやるか?自分のビジネスとしてやるかで、全然変わります。

サラリーマンとしてコピペ作業を毎日やってたらそりゃつまらないですよ。

 

でも自分の事業だとそれでも楽しかったりします。

なぜなら、その先に成果が見えるからです。

 

このコピペがどんな成果に繋がって、自分にどれだけ恩英をもたらしてくれるか想像がつくんです。

 

サラリーマンの場合はやれと言われたからやるって感じだと思います。

でも自分のビジネスの場合は、将来の成果を見越して自分から行動します。

だから同じ作業をするにしても楽しさが違うんでしょうね。

 

これは結局、最初言ったどれだけ頑張っても給料が上がらないってのと結びつきます。

 

実際僕は自分の事業で、コピペしたり作文みたいなものを書くときもあります。

でも、その時間は苦痛ではありません。

むしろ楽しいです。

 

どんな作業をしてても、この作業がどんな成果に繋がるか想像しながらやっているので楽しいんですよね。

どうせ一回の人生なら、働きまくってめちゃくちゃ遊びたい

僕の考えですが、どうせ一回の人生ならめちゃくちゃ働いてめちゃくちゃ遊びたいんですよ。

よく、ライフワークバランスとか言ったりしますが、そんなの気にしたことありません。

 

働きたいときは思いっきり働いて、遊びたい時に思いっきり遊ぶ、

これが許されるのが、自分でビジネスを持っている人です。

 

土日を楽しみに生きるのは嫌ですし、月曜日が憂鬱なのも嫌です。

だから僕は、不安だったけど独立って道を選び理想とする生活ができるようになってます。

 

サラリーマンはサラリーマンで大変なことがあり楽しいこともあると思います

独立してもそれは同じで、辛いことも楽しいこともあります。

 

でも、自由度が高いのは圧倒的に自分でビジネスを持っている人たちです。

なので、もし自由度の高い生活をしたいのであれば、自分でビジネスを持つ側に回るしかありません。

これは1年後も2年後も一緒。

 

なので行動は早けれは早いほど良いです。

それにスタートが早ければ結果出るのもその分早まります。

 

僕が大学生の時から実践し、独立を達成した方法とかはLINEマガジンで配信しているのでぜひ興味があれば友達追加しておいてください。

では以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です