【第2話】*セミナー動画は
このページの中央部分からご覧になれます。

【衝撃の事実】
中小企業の昇給率「1.45%」1年で3,500円しか上がらず

どうも、りきです。

いきなりですが、
これ知ってましたか?

中小企業の昇給率って、
「1.45%」らしいです。

25万円の給料を受け取っている人の場合、
1年頑張っても、3,500円しか
給料が上がらないということです。

飲み会1回分にもなりません。

 

これじゃ、
仕事を頑張ろうとも
思えませんよね。

だって、どう考えても
リターンが少なすぎます。

やっぱり、頑張った分は
目に見える給料という部分に反映されるのが
一番モチベーションになるものです。

ただ、現在は
会社の給料に期待せず、
自分の収入を増やすため
個人でビジネスに取り組む人が増えています。

サラリーマンYoutuberとか
サラリーマンブロガーとか。

個人ビジネスで月10万は難しくない

今の給料から月10万アップさせるとなると
5年、10年、20年かかるかもしれません。

もしくは、一生10万アップに
たどり着かず定年を迎える可能性だってあります。

でも、個人でビジネスを始めた場合は
どうでしょうか?

正直、月10万の収入を得るのは
そこまで難しくありません。

給料で月10万アップを狙う難易度が10だとしたら
個人ビジネスで月10万は難易度6くらいです。

今は独身で1人だからいいですが
もし結婚して子供ができたら。

今の収入で
家族に満足のいく生活をさせて上げることが
可能でしょうか?

僕は、それを考えた時
かなり不安でした。

1人の子どもを育てるのに
3,000万くらいかかるとらしいですし。

2人育てるとなると
6,000万。

月収25万〜30万で
本当に大丈夫なのか?

僕ら世代は年金もほぼもらえないでしょうし、
自分で貯金しておく必要があります。

そうなった時、
会社だけに依存しているのは
リスクでしかない。
そう思ったんです。

なので、個人で稼げる力をつけて
お金に困らない状態を
今のうちから構築しておこうと
思ったわけです。

でも、何をしたらいいかわかりませんでした。

この文章を読んでいるあなたも
今そうような状況にあると思います。

もし、将来の本当の安定を手に入れたいのであれば
この仕組み化プロジェクトで
「自分で稼げる力」をつけてもらいたいと思います。

そのためのプロジェクト第2話!

ご覧ください。

【第2話】

>>セミナーで使ったスライドはこちらからご覧いただけます。

仕組み化ビジネスで手に入る3つの自由

前回の仕組み化プロジェクト第1話では、

仕組み化ビジネスで手に入る
3つの自由の話と、

ビジネスの第1歩目を
どう踏み出すか、
という話をしました。

少し振り返ると、
個人でビジネスを持つことで

・金銭的自由
・時間的自由
・精神的自由

の3つが得られます。という話です。

金銭的な自由

これは、
お金のことをいちいち気にする必要が
なくなるということ。

例えば、飲み会に行った時
買い物をするとき、
旅行に行く時
結婚費用など。

お金がかかる場面は多くありますが、
その時にお金の心配をする必要がなくなる
ということです。

飲み会とか、買い物なら
値段を見ずに、料理を頼めたり
お店を選べるようになります。

今月はちょっと厳しいから節約・・・

という必要がなくなるわけです。

自分の行きたい場所
好きなものがいくらでも買える
という状況です。

時間的な自由

お金がいくらあっても
使う時間がないと意味ありません。

旅行に行くお金があっても
旅行に行く時間がないとどこにもいけないので。

つまり、
時間的自由と
金銭的自由は
同時に手に入れる必要があるんです。

仕事や業務に追われることなく
好きな時に好きな場所に行ける。

さらには、
起きる時間も
休みの日も自分で選択できる。

混雑するゴールデンウィークとか
お盆に出かける必要がなくなるので
遠出する時も快適です。

次の日を気にして、
友人たちからの誘いを断る必要もありません。

これが時間的自由です。

精神的な自由

苦手な上司、
アルバイト先の店長、
嫌味な人など。

個人でビジネスを持ち
収入を得られるようになれば
このような人間関係を自分から
断ち切れます。

好きな人や
気の合う仲間とだけ
仕事をして、生活していけるように
なるわけです。

時間の使い方もそうですが、
人間関係における
選択権も自分が持てます。

仕事のため
生活のためと言って
苦手な人と一緒にいる必要が
一切なくなるわけです。

もし、苦手な上司がいれば
すぐに仕事をやめることも可能。

なぜなら、
自分でビジネスで
金銭的な余裕も生まれるようになるから。

我慢して仕事をする必要がなくなります。

 

第1話では、この3つの自由について
解説しました。

個人でビジネスを持つ以外に
この3つの自由を同時に得る方法って
ないと思います。

ただ、ビジネスの選び方を間違えてはいけない

3つの自由を得るためには
どんなビジネスを選択するかも
かなり重要です。

これも第1話で話しています。

簡単にまとめると

・一発逆転型ビジネスを避ける
・労働型ビジネスを避ける
・媒体依存型ビジネスを避ける

この3つを守って欲しいなと思います。

一発逆転型ビジネス

これはよくネット上にある

「たった3日で月収200万を稼ぐ方法」
「クリックだけで月収100万を安定して稼ぐ」

と言ったような形の
ビジネステンプレート。

このビジネスモデルは
一発逆転思考の人をターゲットにしています。

0から一気に
稼げる方法があると信じている人たちです。

僕もビジネス初期の頃は
このようなテンプレートに
騙されたこともあります。

でも、
ビジネスの本質を理解した今になってわかりますが、
そんなものは存在しません。

なので、これは注意喚起という意味で
もしこのような
テンプレートを見かけたら
避けるようにしてください。

これにハマると
一発逆転中毒になってしまうので
気をつけてください。

ビジネスは基本的に
積み重ねです。

労働型ビジネス

労働型ビジネスとは、
収入が”労働量”によって
大きく左右されてしまうものです。

例えば、物販ビジネスとか
僕が昔やってたブログアフィリエイトなど。

これらは、自分の労働量によって
収入が左右されてしまうんです。

一生懸命作業した月は
収入も増えるけど、
作業を怠れば
収入もガクッと下がります。

確かにブログアフィリエイトは
多少の資産性もありますが、
安定性が全くないので、
作業を続けるしかありません。

こうなると
なんのために頑張るのか
わからなくなります。

いつでも旅行に行けるような
自由な生活をしたいのに、
旅行先でも、パソコンを開いて
作業する、みたいな状態じゃ意味ないわけです。

なので、1度構築してしまえば、
あとは自分が手を動かさなくても
収入が入ってくるような
「仕組み」を構築するべきなんです。

これは、ビジネスを始める最初の段階で
知っておくべきです。

媒体依存型ビジネス

媒体依存型とは、
AmazonやGoogle、ヤフオク、メルカリ
に依存してしまうビジネスのことです。

例えば:ブログアフィリエイト
YouTuber、インスタグラマー、
転売とかのビジネスです。

今人気のYouTuberとかも
完全に媒体に依存しているので
かなり危険です。

ブロガーとかもそうですね。

このような人たちは
依存している媒体のルールが変わった時、
大きな影響を受けます。

YouTuberのアカウントがBANされた
というニュースを聞いたことがあるかもしれせんが
あれが媒体に依存する危険性です。

それまで月100万とか収益をあげてくれていた
自分のチャンネルが一瞬で消えてしまうわけです。

そしたら、もう翌月には
収入0になります。

そのリスクを回避するために
サブアカウントを作って
2つのチャンネルを持っている人もいますが
そしたら次は時間的自由が失われます。

これからビジネスを始めるなら・・・

「媒体に依存することなく、労働型でもなく、
一発逆転型でもないビジネスと言われてもわからない」

って人が多いと思います。

そんな人がこれから
何に取り組み
3つの自由を目指せばいいのか?

それが、今回のプロジェクトである
仕組み化ビジネスです。

僕は今まで、
物販、コミュニティービジネス、
ブログアフィリエイト、
Googleアドセンス、
アプリ開発、webサイト作成など
あらゆるビジネスをやってきました。

で、そんな経験をして
最終的に「これだ」と思ったのが
仕組み化ビジネスなわけです。

仕組み化ビジネス構築のために、まず理解するべき3ステップ

仕組み化ビジネスを構築するために
まずは3つのステップを理解する必要があります。

これが今回第2話の
テーマとなっている重要部分です。

これは、
ネットビジネスに限らず
リアルビジネスでも
同じです。

この3ステップを理解することで
ビジネス戦闘力が一気にレベルアップします。

それは、イコールで
個人で稼ぐ力に直結します。

では、解説して行きましょう。

まずは3ステップの紹介。

どんなビジネスも基本的には
以下の3ステップで成り立ちます。

ステップ1:集客
ステップ2:教育
ステップ3:販売

集客フェーズ

集客とは、
見込み客を集めることを指します。

見込み客とは
自分の販売する商品に
興味がありそうなお客さんのことです。

例えば:ダイエットサプリを販売する場合。

まず、ダイエットサプリに興味がありそうな
お客さんを集めます。

ただ、それだと
ターゲットが広すぎます。

なので、サプリに興味がありそうな人から
さらに絞り込む必要があるわけです。

例えば、
夏までに痩せたい人なのか、
健康的に痩せたい人なのか、
20代に向けたサプリなのか、
40代に向けたサプリなのか。

という感じ。

集客をするときのポイントは
このターゲティングです。

このターゲティングが下手だと
お客さんはたくさん集まっているのに、
商品が全く売れないという状況がありえます。

教育フェーズ

教育は、
商品の良さを伝えたり、
お客さんとの信頼関係を築くフェーズです。

極端な話、
この教育がうまくいけば、
お客さんから「商品を買わせてください」
とお願いされるような状態が作れます。

つまり、この教育フェーズは
3ステップの中でも最も重要度が高いんです。

仕組み化ビジネスの中で
この教育フェーズを担うのは
「ステップメール」だったり、
「LINEステップ」だったり。

これらは自動で
お客さんにメッセージを送ってくれる
サービスです。

自分が手を動かさずとも
商品の良さを伝えて、
信頼関係を勝手に築いてくます。

販売フェーズ

販売フェーズでやるべきは
「発売します」
「これ今買えますよ」
ということを伝えることです。

集客・教育がうまくいけば
この販売はさほど重要でもありません。

ただ、
商品の内容、
商品の良さ、
買った後に得られる未来などは
改めてお客さんに伝える必要があります。

これをネットビジネスでは
セールスレターとか
動画とか、音声などで行います。

それと、この販売フェーズでは
なるべく購入率を上げるため
いろいろと心理テクニック
使われています。

その心理テクニックに関しては
動画の最後でお伝えしているので
知りたい方は、動画の最後あたりを
ご覧ください。

では、今回は以上です。

最後までご覧いただき
ありがとうございました。