給料が安いのでモチベーションが…って人は【副業一択】方法公開。

こんにちは、りきです。

今回は、みなさんの給料についての話。

サラリーマン、OLとして働いていて
給料が安く
モチベーションが上がらないと悩む人は多いです。

なんとかモチベーションを上げたいけど、
給料が安いと、それも難しいですよね。

それに、モチベーションが低ければ
自分の成長にもつながりませんし、
将来的にも不安です。

つまり、
給料が安い→モチベーション上がらない→成長できない→給料安いまま

と言う負のループに陥る可能性が。

そこで、今回は
「給料が安くてモチベーションが上がらない時はどうしたら良いのか?」

というテーマにつてい話ていきます。

このテーマについては、
僕の中に明確な答えがあるので
ぜひ参考にしてください。

いくら好きな仕事でも給料が安ければきつい

たまに、
仕事はやりがいだ!
お金は後からついてくる!

って人いますが、
本当にそうでしょうか?

確かに、
正しい場所で
正しい努力をしていれば
お金は後からついてくるかもしれません。

でも、
「間違った場所」で
いくら努力してもお金はついてきません。

例えば、
時給1,000円のバイトを
毎日必死になって頑張っても
時給がせいぜい100円とか200円上がれば良い方です。

でも逆に、
時代の波に乗っているもの
「Youtube」とかを
毎日更新して行けば
1年後に月50万くらい稼ぐことは可能です。

いくら仕事にやりがいがあったとしても
給料が安く、
自分の頑張りが目に見える形で反映されなければ
継続することは不可能です。

それに、給料とか収入という
はっきりした結果が出れば
それはやりがいにつながります。

最初はそこまで好きじゃなくても
お金がやりがいに繋がることは
大いにあるんです。

さらに言えば、最終的には
お金がなければいきて生きていけない訳なので。

独身とかならまだ良いですが、
もし今のままの給料で子どもができたら
本当に養って行けますか?

目に見える給料という形があるからこそ
モチベーションを上げて頑張れる。
そして頑張った分だけまた給料が上がる。

このループが理想的ですよね。

一年の昇給率の平均は1.45%

日本の中小企業に勤めている方の昇給率は「1.45%」。

なので、もし現在の給料が25万円の場合、
一年頑張って増える金額は
たった3,500円前後です。

飲み会を1回したら余裕で消えてしまいます。笑

大企業の場合はちょっと増えて
昇給率は「2.59%」。

だとしても、先ほどと同じ
25万円の給料を受け取っている場合
一年後に上がるのはたった6,500円前後。

僕は自分でビジネスをしているので
この昇給額を見ると
「本当に自分のビジネスを頑張ってよかったな…」
と思います。

だって、自分が頑張った分はしっかり
収入に反映されますし、
1年頑張れば余裕で2倍とか5倍とかにできます。

もちろん、下がるリスクもありますが、
だからこそモチベーションは常に高いままを維持できる。

つまり何が言いたいかと言うと、
そのまま給料が低い会社で働いてても、
ずっと低賃金に苦しむと言うことです。

昇給率ではっきり結果が出てしまっているので、
避けられない事実です。

モチベーションが上がらないのは本当に給料が原因なのか?

給料が安いから
モチベーションが上がらない。
と言う悩みを抱えている人は多いですが、

給料が上がったら
本当にモチベーションは上がるんでしょうか?

確かに最初はやる気になるかもしれません。

でも、人は慣れます。

そして、自分より給料の良い人の話を聞いたら
また、自分は給料が低いと落ち込む。

その繰り返しです。

そうならないためにも、
モチベーションはそもそもどうしたら上がるのか?
を知っておいてください。

モチベーションを上げるステップ1:ゴールを明確にする

モチベーションが上がらないのは
給料が安いのが原因ではないかもしれません。

と言うのも
まず、ゴールがなければモチベーションは上がりません。

と言うか、上げられない。

例えば、
ゴールがないマラソンてやる気になりますか?

普通に考えてやる気にならないですよね。
「どこまで走れば良いんだよ」
ってなりますし、
拷問に近いものがあります。笑

今自分の中にゴールがない場合は
ゴールのないマラソンを走っているようなものです。

ただただ生活していると
このゴールを忘れてしまいがちですが、
忘れてしまうとモチベーションも必然的に下がります。

逆にゴールが明確になっていれば
必然的にやる気は起きます。

とにかくあそこまで頑張ろう
って感じです。

モチベーションを上げるステップ2:ゴールに対しての戦略を立てる

ゴールができても、
そのゴールにどう到達するのか明確になっていないと
モチベーションは落ちて行きます。

「ゴールが現実的に達成できる」
とわかるからこそ、モチベーションが上がるんです。

なので、ゴールを立てて終わってしまっては
意味ありません。

ゴールを立てたら、
そのゴールまでどうやって到達するのかも明確にしましょう。

そうすれば、
給料が安くてもモチベーションを維持できます。

さらに、ゴールに到達することで
自分の成長にも繋がる。

給料が低くてモチベーションが…
と悩む前に、
まずはこの2ステップを踏んでみてください。

モチベーションが上がらない原因は
給料以外のところにあるかもです。

給料が安いからって転職はあり?

「給料が安いなら、さっさと辞めて転職しよう」

みたいな意見を見かけますが、
これははっきり言って間違い。

まぁ確かに2、3万程度給料が上がれば良いなら
それで良いんですが。

どうせなら、
今の給料から10万とか20万くらいは上げたいですよね?

もし、そうでない場合はこれからの話は
意味ないと思うので、ここで閉じでもらって大丈夫です。

今の給料から10万20万アップさせたい人だけに
伝われば良いかなと思って続きを書いていきます。

話を戻すと、
給料が低いからって転職をしても
本質的な解決にはなりません。

なぜなら、
給料の額は
あなたの市場価値に払われるものだからです。

なので、元々のあなたの市場価値が低ければ
どんな会社に行こうと
給料はさほど上がりません。

短期的には2、3万は上がるかもですが、
長期的にみたら、
たかが2、3万です。

なので、転職で給料を上げようとする方法は
おすすめしません。

自分の市場価値を上げないと、いつまでも給料は上がらない

ここが重要。

結局は自分の市場価値を上げないと
どこに行っても給料は同じなんです。

あなたのスキル・能力にらわれる金額が
今の給料額。

今の月収が23万なら
社会が、あなたの1ヶ月の価値は23万だと
判断しているんです。

なので、根本的に
給料の低さを改善するなら
まずは自分の能力やスキルを上げましょう。

そうすれば、
市場価値が上がり、
給料も確実に上がっていきます。

転職でも引っ張りだこになりますし、
今の給料から10万アップも普通に可能です。

なので、ポイントは
「どれだけ自分の市場価値を上げられるか」
ということ。

副業で市場価値を上げ、給料以外の収入を作ってモチベーションも上げる

では、どうやって市場価値をあげれば良いのか?

それは、副業です。

副業をするメリットは

  • 給料以外に収入源ができ生活が豊かになる
  • うまく軌道に乗せれば、給料を超える可能性もある
  • 自分で稼ぐ能力がつく
  • 収入が増えることで自分に自信がつく

などがあります。

なので、現時点で給料が低くて悩んでいるなら
副業をして、
給料以外の収入源を作りつつ、
自分の市場価値を上げる。

のがベストな判断です。

給料以外に収益を生む副業を5つ紹介

給料以外の収入源を作ると言っても、

どうやって給料以外の収入源を作れば良いのか
わからない人が多いと思います。

なので3つほど
給料以外の収入源を作る方法を紹介します。

1:株式投資・FXなどの投資系

多くのサラリーマンの方がやれれているのが
投資系の副業ですよね。

時間もかからないですし、
始めるのも簡単。

口座を開設すれば今すぐできます。

ただ、資金はある程度必要です。

投資はギャンブルではないので
知識や経験がある人が勝ちます。

なので、初心者が簡単に勝てるほど
甘くない。

ある程度資金に余裕があって
時間とお金をかけて、
経験と知識をつけられる人におすすめです。

逆に、資金力がなく
経験を積み重ねていけないような人には
向いていません。

2:シンプルにアルバイト

アルバイトをすれば
今の会社以外の収入源が作れることは間違いありません。

ただ、自由な時間は無くなります。

趣味などに近いバイトが見つかれば良いですが、
それ以外だとモチベーションを保つのは難しいです。

それに、アルバイトをしても
月に3万〜4万円アップが良いところでしょう。

3:ブログやYoutubeのネットビジネス

僕の個人的なおすすめは
ブログやYoutubeなどのネット系です。

ブログやYoutubeは
軌道に載せるまでが大変ですが、
一度軌道に乗れば、
収入は一気に増えます。

実際、僕は起業当初ブログなどのメディア事業を始め、
月に40万くらいの収入を達成しました。

正直、ブログで40万なら
改善しつつ、継続していけば
誰にでも達成可能です。

それに一度書いたブログ記事は
ネット上で読み続けられるので
自動的な収入になります。

あなたが働いている間にも
ブログが勝手に収益を生み出してくれる状態が作れます。

結構魅力的ですよね?

あとはYoutubeですね。

最近はサラリーマンYoutuberなども増えてきていて
給料の他にYoutubeから月50万くらい稼いでいる人もいます。

やり方次第では、
余裕で会社の給料は超えます。

給料と市場価値を、同時に上げたいなら”スキル”がつく副業を!

副業と言っても、
上記で上げた以外にもたくさんあります。

ただ、注意して欲しいのが、
もし副業をするなら

「スキルがつく副業をする」

と言うことです。

自分にスキルがつく副業なら、
もし、稼げなかったとしても
あなたの市場価値が上がります。

そうなれば
社会があなたに払う金額も増えるはずです。

それに、スキルをつけならが
収入をえられたら、
モチベーションはもちろん上がるし、
収入も同時に増え、
生活はよくなる一方です。

給料が低くてモチベーションが上がらないなら
スキルがつき、なおかつ稼げる副業を選びましょう。

以上で終わりです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です