サラリーマンが辛い…しんどい…原因。そこから抜け出す方法

こんにちは、りきです。

僕は大学の時に起業したので
一度も就職したことがありません。

ただ、学生の時
半年ほどのインターンをしてました。

僕はそのインターンの経験で
サラリーマンてしんどいなって悟りました。笑

僕がインターンした企業は
ベンチャーだったので

サービス残業は当たり前、
オフィスもイケてない、
福利厚生も充実してない。

みたいな会社でした。

毎朝、ぎゅうぎゅうの満員電車に乗って
「これって自動化できるよね…」って入力業務をこなし
理不尽なクライアントに、
謝罪の気持ちはないのに頭を下げて。

ランチは、
500円くらいの蕎麦を流し込み。

また、
やりがいのない業務に戻っていく。

こんな状況を目の当たりにして、
というか実際に体験して
やっぱり「サラリーマンてしんどいな」って思ったんです。

なので、そこからは
一切就職する気はなく、
起業へと進んだって感じです。

僕は会社を営む家系に生まれ、
小さい頃から、人を雇う側をみてきました。

なので、
サラリーマン側も
社長側も両方見てきた。

やはり、サラリーマンと社長側を比べると
そこには明らかに「サラリーマンがしんどくなる理由」があります。

今回はそのあたりを深掘りして行こうと思います。

最後には、
辛くてしんどいサラリーマン生活から抜け出す方法も
書いているので参考にしてみてください。

サラリーマンから抜け出すための1歩目は明確です。

サラリーマンが辛くて、一生しんどい5つの原因をあげてみた。

原因1:満員電車での通勤がしんどい

知らない人とあれだけ
近ずく空間て他にないと思います。

僕も大学生の時
1限に出るために
満員電車に乗ってました。

かなりストレスですよね。

仕事にいく前に
体力を消耗します。

それに
朝の満員電車は
みんなピリピリしていて。

舌打ちがめっちゃ聞こえます。笑

満員電車をこの先
何十年て続けるのはやはりきつい。

僕は
満員電車に乗りたくないから
起業した、みたいなところも正直あります。

原因2:上司との付き合いが辛い

会社に入れば
嫌な上司もいます。

しかも、
上司を選ぶことはできないので
逃れようがない。

いくら嫌いでも
毎日顔を合わせないといけない。

学生とかなら
嫌いな人は避けられますが、

就職すればそうも生きません。

毎日一緒に働く人を
選べないのはストレスでしかありません。

僕がベンチャーでインターンをした時も
途中でめっちゃ無愛想な社員の人が
入ってきたんですけど、

それから会社の雰囲気が
一気に悪くなりました。

その人が前のデスクだった僕は
今もその人に似てる顔の人を見るだけで
ちょっとイラっとします。笑

自分のビジネスを持つと、
働く人は
全て自分で選べるので

人間関係のストレスは
ほぼ無くなります。

原因3:給料が安くてしんどい

いくら一生懸命働いても
給料はほぼ上がらない。

これだと
モチベーションを保つのは難しいですよ。

基本的に企業側は
社員になるべく安く働いて欲しいと思っています。

安く、
いい働きをして欲しい。

それが会社側の願いなわけです。

なので、
頑張っても簡単には給料は上がらない。

その代わり、
「◯◯賞」みたいな賞を用意して
名誉を渡す。

言ってしまえば、
◯◯賞とかは
コストをかけず
社員のモチベーションをあげる
会社側の戦略ですからね。

雇われる側だと
どうしても収入面はいつまでたっても
厳しいままです。

原因4:休みが少なくて辛い

自分のビジネスを持つと、
休む日とかは
自由に決められます。

でも、
会社員だと
土日休みとか
月曜休みとか、

決められた日しか
休めません。

これは全て会社側の都合で決められます。

最近は
休みを増やしたりする企業も
増えていますが、
それでもまだまだ。

頑張って働いて稼いでも
そのお金を使う暇がない。

旅行に行けるのは
年に1回とか。

どうせ
1回きりの人生なんだし、
自分の好きなことをして
生活できる方がやっぱりいいですよね。

原因5:仕事にやりがいがなくてしんどい

1日のうちの8時間を費やす仕事に
やりがいを感じれないと
厳しいです。

人生のうち
だいたい8割くらいは
仕事に時間をさくわけで、

やりがいを捨てたら、
普通に人生の充実度が下がります。

いくら休みが多くても
仕事にやりがいを感じられないと
疲労が溜まりまくる。

バイトしてる時って
時間が長く感じましたが、

起業してから
1日が一瞬で終わります。

自分がやったことの
結果が直接自分に返ってくるので
やりがいとか
充実度も上がります。

しんどいからって転職しても同じこと

通勤がしんどかったり、
上司との付き合いがしんどかったり、
給料が安くてしんどかったり。

だからと言って
転職をしたとしても
同じことです。

なぜなら、
移った会社でも

嫌な上司に当たるかもしれないし、
転職すると給料はだいたい下がります。

やりがいも
入社してみなければわかりません。

なので、
転職したからと言って
サラリーマンの辛さとかしんどさから
抜け出せるわけじゃないんですね。

サラリーマンという働き方は搾取され続ける

サラリーマンという働き方は
基本的に搾取される立場です。

なぜなら、
企業側と社員には「ギャップ」があるから。

社長は安く働いてもらいたい、社員は楽をしてお金をもらいたい

会社の社長は
社員になるべく安く働いてもらいたいと思ってます。

でも、
社員はなるべく楽をして給料をもらいたいと思う。

このギャップがあります。

でも、
楽をされると
会社としては利益に繋がらないので
楽をさせないような

仕組みを考えます。

例えば
◯◯賞とかもその一種。

あとは、
ノルマをつけたり。

試行錯誤して
なるべく一定の給料で
より多く働いてもらうことを考えています。

もちろん、
そんな企業ばかりではありません。

なので、
優良企業に入れれば
充実したサラリーマン生活を送れる可能性もある。

ただ、
そのような優良企業に入れるまで
転職を繰り返すのは
それもそれでしんどいです。

人は現状維持を臨むので、
どうしても環境を変えてばかりいると
精神的にも負担が大きくなります。

けど、いきなりサラリーマンを辞めるのは危険

ただ、サラリーマンがしんどいからと言って
いきなり独立したり、
起業したりするのはおすすめしません。

なぜなら、
稼げるスキルがなければ
サラリーマンをやめた途端

収入が0になります。

そうなると
サラリーマンをしている時よりも
精神的にきつくなる。

僕は起業当初
この状況になり、

自然と涙が出るまで
精神的に追い込まれました。

なので、
しんどくてもまずは副業などから
始めるのがおすすめです。

辛いサラリーマン生活からスムーズに抜け出す方法

サラリーマンから
スムーズに抜けだす方法は

やっぱり副業。

だた、副業と言っても
何をしたらいいかが問題ですよね。

そこで
おすすめの副業をいくつかまとめたので
ぜひ参考にしてください。

サラリーマンを抜け出すためのおすすめ副業3選

1:プログラミングスキルを身につけてサイト作成など

プログラミングのスキルがあれば、
転職をするときにも、
独立をするときにも
必ず役に立ちます。

サイト作成とかの案件なら
5万〜30万くらいで
請負えますし、

月に1件受けるだけで
5万〜10万くらいは収入アップするはずです。

今はクラウドワークスとかでも
仕事を取れますし、
あとはプログラミングスキルをつけるかどうかだけ。

確実性が高い
副業でしょう。

2:サイトアフィリエイト

空いた時間に
簡単に始められるのが
サイトアフィリエイトです。

僕のようなブログを書きつつ
何か商品とかサービスを紹介する。

自分のブログを読んだ人が
紹介した商品を買ってくれれば
紹介報酬がもらえます。

サラリーマンの方の
副業としても人気が高いです。

サイトアフィリを軌道に乗せれば
月100万とかはイケます。

僕も以前はサイトアフィリエイトをしてましたが
利益率はめちゃくちゃ高い。

かかる費用もないし、
パソコン1台あればOKです。

3:メルマガアフィリエイト

上で紹介したサイトアフィリエイトは
正直そこまで安定性がありません。

なぜなら
どうしてもGoogleのルールに
依存してしまうから。

Googleのルールが変更になると
今まで月30万稼げてたのに、
翌月には0になる可能性もあります。

なので、
一番のおすすめがメルマガアフィリエイト。

これは
メルマガの読者を集めて、
メルマガで商品やサービスを紹介する形。

しかも、
このメルマガアフィリエイトは
ステップメールという機能を使えば
収入を自動化することも可能。

一度、メルマガアフィリエイトの仕組みを構築すれば
あとは、労働する必要が無くなります。

プログラミングとかは
スキルをつけて、
自分で仕事をとり、
案件をこなす必要があるので
結局、労働が必須です。

でも、
メルマガアフィリエイトの場合は
プログラミングとか
難しいスキルも必要ないし、
初期費用もほぼかからない。

未経験からでも
自動化した収入を作れるんです。

僕はメルマガアフィリエイトを使った
仕組み化ビジネスについての
情報をメルマガで紹介しています。

もし、興味があれば
受け取ってみてください。

では、今回はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です