ネットビジネスを副業で始めて給料以外で月30万を稼ぎ出す友人の話。

こんにちは、りきです。

会社の給料が低くて使えるお金がなかったり。

会社に依存している自分の将来に不安を感じたり。

こんな不安を解消するために
「給料以外の収入」
を作ろうとする会社員の方は最近増えてますよね。

僕の友人もその一人でした。

【副業で30万を稼ぎ出す友人のストーリー】

彼は、
毎日同じことを繰り返し、電車で通勤し
職場の上司を見て将来が不安になったと言います。

会社にいる上司が将来の自分の姿と重なってしまったんですね。

で、僕に相談してきました。

「副業したいんだけど、何したらいいかな」と。

彼とは中学時代からの仲で、
僕が起業して、ネットビジネスで月40万くらい稼いでいるのを
知っていました。

なので、相談にきたんですね。

でも僕は「努力しないと無理だよ」
と彼に伝えました。

でも彼は
「それは大丈夫、本気でやるつもり」
と。

元から向上心が強いやつなので
その言葉を信じて
僕はビジネスの本質から
ネットビジネスの稼ぎ方まで
0から全てを彼に教えました。

コンサル的な全面サポート付きで。

で、その結果もあり、
教え始めて2ヶ月目に会社の給料超え、
4ヶ月目には25万を達成。

今は25万〜30万を
会社以外の収入として得ています。

僕が直接コンサルしたこともありますが、
彼の圧倒的な努力があったからこそ、
こんな短時間で稼ぐことが可能だったのは言うまでもありません。

ネットビジネスは正しい方向性で
しっかり継続すれば確実に稼げます。

多くの人が挫折してしまうのは
最初の方向性を間違えたり、
努力をおこたるから。

それさえ注意すれば
副業でもなんでも稼ぐことは可能です。

ここからは
その正しい方向性を紹介して行きます。

ネットビジネス副業で簡単&楽に稼ぐ方法は存在しません…

最初に言っておきたいのは
ネットビジネスは簡単に稼げるようなものではありません。

たまに、
「クリックだけで30万」とか
「1ヶ月で月収1億円」
などと言って釣ってる広告などを見かけますが。

そんなもの存在しません。

もしあったら、
億万長者がゴロゴロしてるはずです。

でも、実際には
日本の平均年収は400万とか。

なので、あり得ません。

僕もネットビジネスの世界にいるので
そこらへんははっきり言えます。

そのような
「簡単に稼げる」と言うことを期待している人は
そろそろ目を覚ましましょう。

副業したい会社員を狙ったネットビジネス詐欺に注意!

でも、「簡単さ」をアピールした
広告などは無くなりません。

それはなぜか?

理由は簡単で
まだ騙されてしまう人がいるから。

広告にはお金がかかるので
効果がなければただの損失です。

でもなくならないのは
そんな広告にも効果があるからなんです。

「簡単に稼げる」
と謳って、多くの人を釣り、
何も内容がない商品とかを売るわけです。

一度そう言った
「簡単に稼げる」ような広告に
釣られてしまうと、

「次こそは」
といって、また同じようなものに手を出してしまう。

これで、
借金とかして破綻したら
もう最悪ですよ。

何も手に入らず、
お金だけがなくなって行きますから。

こんな詐欺的なネットビジネスに騙されず
しっかり自分の力で稼ぐには、

まず「ネットビジネス=簡単」と言う考えを捨てましょう。

ネットビジネス副業は
そこからがスタートです。

【初心者向け】副業におすすめなネットビジネスの選び方4つのポイント

ネットビジネス副業を始める時悩むのは
「どんなネットビジネスを選べばいいのか」
と言うところですよね。

ネットビジネスの選び方を間違えると
ただただ、作業に追われ、
多少は稼げるけど、継続が難しくなります。

ビジネスは継続できるかが大切です。

継続して稼ぐために、
ここで選び方の4つのポイントを紹介します。

1:資産になるビジネスを選ぶ

「労働しなくて、お金が入ってくる」

これが資産になるビジネスです。

一時期は稼げても
労働をやめた途端に稼げなくなるビジネスは
なんか、もったいないですよね。

やったことが積み重なり
どんどん資産が増え、

働く時間は少なくなるけど、
入ってくるお金は増えていく。

これが理想形です。

よく副業で、
労働に比例して稼げるビジネスを選んでしまう人がいますが
あれだと自由な時間がどんどんなくなってしまいます。

せっかく稼いでも
使う時間がないと意味ないです。

僕が友人から相談を受けた時も
まずは、資産になるビジネスとはどんなものなのか。

と言うところから教え始めました。

2:在庫や初期投資が必要ないものを選ぶ

ネットビジネスの中には
在庫が必要だったり、
初期費用が必要なものもあります。

でも、副業なら
なるべく、「低リスク」でスタートしたいですよね。

なので、シンプルに
在庫が必要なネットビジネスは避けたほうが無難です。

僕は在庫をもつネットビジネスの経験がありますが、
在庫を抱えると心が不安定になります。笑

だって、売れなければ完全なる損失。

自分のお金がどんどん減っていくだけです。

副業で心が不安定になったら
本業にも支障が出てしまいますよね。

なので、まずは低リスクで始められるものを選びましょう。

3:稼げる額が大きいものを選ぶ

3つ目は、
ネットビジネスの種類の話です。

ネットビジネスの中にも
稼げる額が大きいもの、
稼げる額が少ないもの。

この2つがあります。

稼げる額が少ないフィールドでネットビジネスを頑張っても
小さい成果しか得られません。

なので、最初の段階で
稼げる額の大きいネットビジネスを選びましょう。

例えば、トッププレイヤーが月150万のジャンルで
月100万稼ぐより

月2,000万稼いでいる人がゴロゴロいるビジネスで
月100万稼ぐ方が難易度は低いです。

僕は最初このステップでミスり、
稼げずに悩んだ時期があります。笑

この種類選びを間違えると
確実に後悔します。

4:自分のビジネス戦闘力が上がるものを選ぶ

僕が言う、ビジネス戦闘力とは、
自分で稼ぐ力のことです。

自分で稼ぐ力がつくと、
もし仮に、トラブルが起きて
収入がゼロになったとしても

また、稼ぎだすことができます。

逆に、ビジネス戦闘力が低いと、
会社に依存したり
誰かに頼らないと
収入が得られません。

稼げる力は全てのリスクヘッジになります。

なので、
僕がもし収入ゼロになったとしても、
多分そこまで焦らないですね。

多少ショックだと思いますが、
「また稼げばいいか〜」
みたいな感じです。

会社に属していると
このゼロから稼ぎだす力が付きづらい。

なので、
ネットビジネスを選ぶ時も
個人で稼ぐ力がつくかどうかと言うことも大切なポイントです。

稼げる力がつくと
会社とか誰かに依存する必要がなくなるので
自由になります。

別に、リストラされたっていいか〜
みたいな心の余裕が生まれます。

これがビジネス戦闘力が高まっている状態です。

転売などの物販系は副業に向いてない

で、選び方のポイントをまとめると、
まず転売とかは副業に向いてません。

なぜなら
転売は「労働集約型」のビジネスだから。

もちろん、
人を雇ったり、お金をかければ
自分の労働量は減らせます。

でもその分リスクは増える。

僕はネットビジネスを始めた時
物販系の転売から入りました。

でも、月収20万くらい稼いで

「これだと、ずっと労働することになって
自由にならない」と思ったので、

すぐ他のビジネスを始めました。

安いものを高く売ると言うシンプルさと
即金性が転売のメリットですが、

結局労働が必要になってきます。

なので、副業には向いてません。

では、どんなネットビジネスが
副業に向いてるのかそれを次で紹介します。

では、何がおすすめ?副業に向いてるネットビジネス3選

1:顔出しなしYoutuber

顔出しなしで
Youtubeに動画をあげる会社員の人も増えてます。

トップYoutuberのラファエルとかも
最初は会社員として働きながらYoutubeをやってたそうです。

Youtubeは動画を一本あげると
それがずっとYoutube上に残る。

一度動画をアップしてしまえば
その後、何もしなくても誰かが再生してくれ
収益が発生します。

動画が資産になると言うことです。

動画をアップし続ければ
登録者が増えていき、
企業案件をもらえる可能性も。

トップYoutuberを見てもわかる通り
Youtubeは稼げる額もめちゃくちゃ大きいです。

2:ブログアフィリエイト

Youtubeは動画がネット上に残りますが、
ブログアフィリエイトは「ブログ記事」がネット上に残ります。

これも、記事が資産になるモデルです。

僕が物販の次に始めたのが
このブログアフィリエイトでした。

一度記事を書いてしまえば
その記事が読まれ、

記事で紹介している商品が売れれば
自動でお金が入ってきます。

ただ、最近はブログアフィリエイトは
競争が激化してます。

それに、収入の不安定さも大きい。

僕の例で言うと、
一度絶望を味わいました。笑

今だから笑えますが、
当時はかなり深刻です。笑

そもそも、ブログアフィリエイトは
ネット検索された時、
自分のブログ記事が上位に表示されないと誰にも読んでもらえません。

上位1位〜5位くらいに表示されなければ収益も発生しない。

もし1位に表示されても、
次の日には15位とかまで順位が落ちてしまうこともあるんです。

確かに、
記事は資産化していきますが、
一気になくなる可能性もあるビジネスです。

3:一番おすすめはメルマガアフィリエイト

おすすめネットビジネス3つの中でも
一番おすすめなのがメルマガアフィリエイト。

ブログアフィリエイトは
記事で商品を売るタイプですが、
メルマガアフィリエイトは、

メールで商品を紹介し、
買ってもらいます。

このビジネスのいいとことは
「リスト」と呼ばれるお客さんの
メールアドレスが資産になるところです。

それに、
ビジネスの基本要素

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

が全て学べ、ビジネス戦闘力が爆上がりします。

僕は今このメルマガアフィリエイトで
収益の仕組み化を構築しています。

仕組み化とは
僕が一切働かなくても収益が発生すると言うこと。

嘘みたいですが
メルマガアフィリエイトはこれが可能です。

なので、本業がある会社員の方の副業としては
一番おすすめ。

確実に資産化しますし、
初期費用も5万〜10万あれば十分。

さらに、ビジネス戦闘力も爆上がりする。

何を始まるか迷っているなら
このメルマガアフィリエイトから始めることをおすすめします。

ネットビジネスなら会社にバレる心配もない

ネットビジネスを副業で始める時
気がかりなのが

「会社に副業がバレちゃうんじゃないか?」

と言うことですよね?

結論を言うと、
ネットビジネスならバレる心配はありません。

と言うもの、
副業が会社にバレる原因は

  1. 直接副業の現場を見られる
  2. 確定申告の納税金額でバレる

この2つ。

直接副業の現場を見られる

1つ目の直接副業の現場を見られる可能性は
ネットビジネスの場合めちゃくちゃ低いです。

実名とか顔出しで
ブログをやったり、
Youtubeをやれば別ですが。

ネットビジネスで顔出しは必須ではありません。

実際、僕も顔出してないけど
稼げてますし。

あとは、
直接バレる可能性としては
誰かに「副業してる」など口を滑らせてしまうこと。

これは気をつけるしかありません。笑

でも逆に、
自分で言わなければ知られることもありません。

納税金額でバレる

基本的に会社員の方は給料から税金が引かれた金額をもらいます。

つまり、いくら納税しているかは
会社も知っている。

そして、納税金額は
本業の収入+副業の収入によって決まります。

なので、
副業で収入を得ると自然と納税金額も増える。

同期と同じ給料なはずなのに、
一人だけ納税金額が多いとなれば
副業を疑われてしまいます。

確かに、副業での収入を税務署に申告しなければ
バレることもありませんが、それは脱税です。笑

副業で年間20万以上収入がある場合は
申告が必要なんです。

じゃ、どうしたらバレずに済むのか?

確定申告で「普通徴収」に丸をつけるだけ

そう、確定申告で「自分納付」に丸をつけるだけでOKです。

納税方法には

  1. 自分で税金を収める「普通徴収」
  2. 給料から差し引く「特別徴収」

の2タイプから選べます。

会社に副業がバレたくないのであれば
1の「普通徴収」を選んで納税すれば、
会社にバレることもありません。

なので安心してください。

まとめ:ネットビジネス副業ならメルマガアフィリエイト!バレる心配もなし

副業を始めるなら
メルマガアフィリエイトに挑戦して見ることをおすすめします。

僕は
三流大学出身で、
もともと頭がよかったわけでもないですし、
特別なスキルもありませんでした。

でも、正しい方向性で
やるべきことをやった結果、

月収40万くらいは
ネットで稼ぐことができてます。

ネットビジネスは結果が付いてくるので
やっていて楽しいですし、
今年中には月収300万くらいにはなるかなって思います。

自分の力で稼げれば
自由度も上がり、
会社に依存しなくてよくなります。

そのためにやるべきことは
明確です。

情報を集め
正しい方法を探ること。

僕はビジネスの基礎から
仕組み化ビジネスついて解説する
無料メルマガを配信してます。

副業の情報集めに
役立つ内容です。

興味がある方には
僕が書いた月収40万円を達成したストーリーを書いた
レポートプレゼントしているので受け取ってください。

それだけでも
かなり濃い情報が得られるはずです。

では今回はこの辺で。

人気記事

  1. 20代にして月収135万「自由な働き方」を手に入れる具体的な方法
  2. ネットビジネスで【毎月3万円】稼ぎ出す方法。30万円まで行けます

LINE@【毎月3人限定】で無料コンサル受け付けてます。

↓↓こちらから

僕がビジネスを始めてから今までのことを漫画にしました

漫画の続きを読む(無料)>>

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です