俺、何もできないけど起業して大丈夫?

どうも、りきです。

僕は大学3年の時に、メディア事業をスタートしました。

 

大学卒業後は、独立して今は、整体院や清掃会社、建設業のwebコンサルをやっています。

で、今ではこんな感じである程度軌道に乗ってきていますが、起業した当初は酷かったです。

 

本当に何もできない状態でした。

なので、今日はこれから起業を考えている人に向けて「何もできないけど起業して大丈夫?」って疑問に答えていきます。

 

最初の起業におすすめの方法も書いていくので参考にしてみてください。

何もできない状態から起業したって本当?

本当です。

パソコンもほぼ使ったことなかったですし、起業の方法なんて全く知りませんでした。

そもそも僕は高校2年生くらいまで、Jリーガーになろうとしてました。

 

Jリーガーになれば、別に勉強も必要ないだろうと思っていたので、勉強もほぼしてません。

ずっと朝から晩までサッカーしてました。

なので、勉強ができたわけでもない。

一応大学には行けましたが、ごく普通レベルの私立大学です。

 

でも、大学に入学すると、あれ俺って何ができるんだっけ?

と思い始めてそこから、いろいろ経験してみようと思ったんです。

 

だから留学に行ってみたり、インターンをしてみたり。

そうしているうちに、だんだん将来は起業したいなと思い始めたんです。

 

でも、何もできない。

パソコンは得意じゃないし、人脈もなければ、特別なスキルもありません。

なので、最初はスキルのある人と組んで始めようと思ったんです。

 

大学の友人を当たってみたり、自分の知り合い経由で探してみました。

でも見つからない。

 

そもそもスキルがある人って、自分でできちゃうので僕に協力するメリットとかないですし。

 

起業しようと思って、もうそこで躓きました。笑

具体的にどのくらい何もできない状態でしたか?

まず、パワーポイントで資料の作り方とかは知りませんでした。

ワードとかエクセルすらほぼわからない状態です。

 

それに頭が良い訳でもない。

ちょっとだけ英語は話せましたけど、何か起業に役立つほどでもないし。

 

人脈もお金も、大学生なんで全くありません。

 

そんな感じの全く0と言っていい状況でしたね。

何もできない状態からどうやって起業したんですか?

とにかく調べましたね。

ネットで調べればだいたいわかるので、とにかく最初は調べまくりました。

そしたら、ある程度何をやったらいいのかってわかってきます。

 

例えば、大学生で資金も人脈もない状態から始めるとしたらネットビジネスっていうのがいいんだ、とわかりました。

でもネットビジネスの中にはいろんな種類がある。

物販とか、ブログとか、アフィリエイトとか、SNSとか。

なのでその中で一番良さそうなものを見つけて取り組み始めたんです。

 

結果的に僕はブログからスタートさせました。

ブログを書いて、そこからお客さんを集めて行ったんです。

 

そしたら、それが軌道に乗って今に至ります。

ブログのやり方とかも、とにかく最初は調べました。

で、調べてもあまりわからない場合は、お金を払って教えてもらうこともありました。

 

そうしている内にだんだんと自分にスキルがついてきて、できることが増えていったんです。

起業を考えたときまず何をしたらいいですか?

まずは、知識をつける。

で、そのためには調べる癖をつける必要があります。

今こうして、僕の記事を読んでくれているということは、何かしら調べてたどり着いていると思います。

 

なので、この調子で調べ続けてください。

そうすると、なんとかく「こうすればいいのかな」というのが見えてきます。

 

そしたら、実際にやってみる。

 

僕起業したい人向けにコンサルとかたまにやっているんですが、その時によくこんなことを言います。

 

「人の段階は4つに分かれる。

1:知っている
2:やっている
3:上手くいっている
4:教えている

この1〜4を意識すると、何をするべきか見えてきます」

と。

 

例えば、何をしたらいいのかわからない状態はまだ1をクリアできてない状態です。

 

なので、まずは知りましょう、ということ。

で知ったら、次はやってみる。

 

みんな知って満足しますが、それだとなんの意味もないので、知ったら次は行動です。

 

この知って行動、を繰り返していればどんどん自分の中に知識とかスキルがついてきます。

 

なので、まずは何もできない状態から抜け出しましょう。

僕のLINEではもう少し詳しくその辺りを話しているので、興味があればぜひ。

では、今日は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です