「モチベーション 上げ方」で検索する人はセンスないと思う2つの理由

どうも、りきです(Twitter

僕は大学卒業してから
メディア事業や
コンサル事業をして生活してるんですが、

個人でやってると
自己管理がめっちゃ難しいんですよね。

 

起きる時間も自由だし、
働く日も特に決まってないので。

なので、モチベーション管理が
結果を出す上で大きく影響してきます。

 

そして、モチベーション上げるには
どうしたらいいんだろう?

と思って検索するわけですよ。

 

ただ、検索しても
薄っぺらい方法しか出てきませんでした。笑

自分の好きな音楽を聞く、とか
睡眠時間をしっかりとる、とか
目標設定をする、とか。

正直、そのくらいの方法なら
誰でも思いつきます。

 

でも解決できないから
調べるんですよ。

で、調べてみてもそんな感じなので
結局自分でいろいろ試して解決するしかなくなるわけです。

そして、いろいろ試してるうちに
ある結論にたどり着いたんです。

それが「モチベーションは上げちゃいけない
と言うこと。

 

今回は、モチベーションに依存するのではなく
他のもっと強力な力を使って行きましょうって話をします。

この記事読めば、
今後一生「モチベーション 上げ方」なんて
検索する必要なくなります。

では、始めましょう。

「モチベーション 上げ方」で検索する人はセンスないと思う2つの理由

モチベーション検索する人はセンスないです。

まぁ、僕も以前検索してたので
言えませんが。

ただ今思うと、いや〜無駄なことしてたなって感じです。

僕が今そう思っている理由を2つ紹介します。

1:モチベーションを上げてもどうせまた落ちる

上がるものは、どうせまた下がります。

なので、モチベーション上げ方で調べて
そこに書かれている方法を試して
一瞬はモチベーションも上がるかもしれません。

でも、上がったモチベーションは
しばらくするとまた落ちるんです。

 

モチベーションが上がっている状態の時は
やる気もみなぎっていて
調子いいですが、

モチベーションが下がった時は大変です。

 

全てのやる気がなくなり
もう、どうでもいいや〜となり
投げやりになってしまいます。

僕もモチベーションを上げて頑張ろうとしてた時期がありますが、
上がってる時はいいんですよ。

仕事もバリバリ捗るし、
1日中集中して作業できてました。

でも、そのモチベーショが何かのきっかけで落ちると
大変です。

5日間寝込むとか
1日中暴飲暴食してる。

みたいな異常な生活をしてしまっていたんです。

 

流石にモチベーションが下がったからと言って
そこまで落ちる人は珍しいと思いますが、
モチベーションを上げて、下がった時には
そう言った裏のリスクもあるわけです。

なので、さっきも言った通り
モチベーションを上げずに他の
方法を取るべきです。

2:一流はモチベーションを頼りにしない

ちょっと、想像してみてほしんですが
野球のイチロー選手とか
サッカーの本田選手は
モチベーションを頼りに日々練習していると思いますか?

イチロー選手が
「今日はモチベーション上がんないから練習休み」
とか言ったり、

本田選手が
「モチベーション上がんないし今日は少し寝てるわ」
とか
「モチベーション上がんないから負けてもしょうがない」
とか多分言わないじゃないですか。

 

これは僕の推測になってしまうんですが、
そのレベルの一流の選手は
モチベーションとはまた別の次元で行動しているはずです。

いちいちモチベーションい左右されてたら、
世界のトップレベルで戦うとか無理ですよ。

自分よりスピードとかパワーとか上の選手と
渡り合って、勝負に勝たないといけないのに。

モチベーションが…

とか言ってたら
勝てるはずありません。

 

つまりここで何を言いたいのかと言うと、
モチベーションとは違う次元を目指しましょう。

と言うことです。

モチベーションとは違う次元?

と思うかもしれませんが、
今からそれを説明していきます。

モチベーションの上がり下がりが関係ない状態を作る

もう既に言ってしまってますが、
モチベーションとは関係ない次元に入りましょう。

つまり、
モチベーションが上がろうが下がろうが関係ない状態です。

で、そんな状態を作るために
実際にどうしたらいいのか?

僕が実践している方法を紹介します。

継続したら1年後確実に成長しているルーティンを作り30日続ける

これは、何があっても30日続けます。

「これ継続したら
確実に1年後今とは違う自分になってるだろうな」

と思えるルーティンです。

 

例えば、寝る前に毎日1時間読書するとか、
朝起きたらランニングに行くとか。

もう一度言いますが
30日間は必ず続けます。

30日続けると
やらない日が気持ち悪くなるので。

 

もし、20日しか続けられなかったら
そこからまた30日のカウントを始めます。

30日続けたら
もう勝ちです。

やらないと
気持ちが悪い状態が作れるので
体が勝手にやります。

これは歯磨きと一緒ですね。

歯磨きしないで寝るのって
なんか気持ち悪いじゃないですが。

あれと一緒の状態
つまり、習慣化します。

 

なので、決めたら30日は必ず続けましょう。

そして、このルーティンを将来的に
どんどん増やしていきます。

最初は1個から初めて
2つ、3つ、4つと
1日のルーティンを増やしていくんです。

ルーティンは
モチベーションが上がってようが、
下がってようが関係なくやります。

それを自分の中で
強く誓うんです。

 

ちなみに、僕は
毎朝30分間を使って
自分の達成するべき未来をノートに書いています。

あと、今後の計画とかも
その30分でノートに書きます。

毎日同じような内容になってしまってもOKです。

とにかく毎朝30分使って
ノートを書くと言うことを
続けることが大切なので。

あと、おすすめなのは
その30分の間に
その日に自分がやるべきこと
書き出しスケジュールに落とし込むことです。

これやると
やるべきことが決まっているので
迷いがなくなります。

ぜひ試してみてください。

自分が頑張る理由(目的)を自分に聞く

  • なぜ、自分は今の仕事を頑張ろうとしているのか?
  • なぜ、自分は今勉強を頑張ろうとしているのか?
  • なぜ、自分はアルバイトを頑張ろうとしているのか?

など、
自分が頑張る理由を、自問自答してみてください。

 

これ、やるとやらないでは
これからの将来の生き方が変わってくるので
ぜひやってみてください。

そして、もし答えが出たら
さらに「なぜ?」を続けます。

例えば、僕の場合。

僕が今個人でビジネスをしているのはなぜか?

それは、自分の周りにいる人の
やりたいことなどを
金銭面でサポートしたいからです。

もし、会社員として働いていたら
自分の生活だけで精一杯になってしまうでしょう。

でも、個人でビジネスをしていけば
頑張った分売上が上がります。

なので、個人でビジネスを頑張っているわけです。

 

中には、「いい大学にいくために勉強を頑張ってる」
と言う人もいるでしょう。

そんな時は、もう一回
「なぜいい大学にいきたいのか?」

ってところを掘り下げます。

すると
「いい大学出た方が、大企業に入りやすいから」
と言う答えになるかもしれません。

でもこれだとまだ足りません。

 

「なぜ、大企業に入りたいのか?」
と言うことも自分で問う必要があります。

そうすると最終的に
いい大学にいくために勉強を頑張ってるのは
「裕福な生活をしたいから」
と言う目的にたどり着くかもしれません。

とにかく、「なぜ?」なのか
と言うことを自分に問いかけてみてください。

そうすると
自分の裏に隠された本当の
目的が見えてきます。

 

本当の目的が明らかになると
「こんなところで落ち込んでる場合じゃない。
自分にはやるべきことがある」

ってメンタルになるはずです。

僕は「人間関係を遮断」してやるべきことに集中した

僕がビジネスを始めたばかりの時は
とにかく売上をあげないと生きていけない。

と言う状態でした。

一人暮らしなのにバイトも辞め
収入源がなかったので。

なので、モチベーションが。。。とか言ってる暇も
なかったんですね。

 

とはいえ、
「本当にこの選択が正しかったのか?」
「このままやっていて結果は出るのか?」

と不安になって、気持ちが落ち込むことが
ありました。

 

そんな時多くの人は、
飲み会とか恋人に相談したりして
解決すると思います。

でも、僕の場合は
全ての人間関係を遮断する選択をしました。

と言うのも、
人間関係が気になりだすと
そっちに集中力を持っていかれるからです。

 

例えば、仕事を頑張りたいと思っていても
恋人がいれば
デートに行ったり、食事に行ったりします。

もし、それでいかなければ
「なんでデートに行ってくれないの?」

ってなります。

そうすると、もう
仕事のことを考える余裕がなくなってしまうわけですよ。

 

飲み会にしても
友人から誘われて
そのまま行っていたら、
さっき言ったルーティンができなくなります。

1日くらい平気だろうと思っていても
1日で全て崩れます。

なので、僕は
飲み会も全て断っていました。

 

そうすると
本当に集中するべきことが明確になるんです。

そして、目的のために
やるべきとをやるしかない状況が生まれます。

ここまで追い込むのは
なかなか難しいかもしれませんが、
モチベーションとか関係ない状態を作るには
ここまでしてみるのもありです。

では、この辺で終わりにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です