就職したくない起業家志望の学生へ経験者の僕から2つの質問

どうもー、りきです。

今日は、
「就職したくないから、起業しよっかな〜」
「でも、実際起業ってどうやるのかわかんないしな〜」
っと思っている学生に向けて話をしていきます。

僕は約1年前の
大学3年の時にネット起業しました。

同級生たちはみんな就職して
会社で働いていますが、
僕は自分でビジネスをしています。

今は
月に40万くらいの収入はあるので、
それなりに快適な生活です。

時間に縛られることもないので、
自由ですし、
欲しいと思ったものはなんでも買えるように。

約1年前は
居酒屋で590円とかの料理を頼むのにも
値段を気にしてましたが、

今は何を買うにしても
ほとんど値段を気にすることがなくなりました。

会社に入って給料をもらっていたら
今のような生活はできてないかなと思います。

まぁ、何を言いたいかと言うと、
「起業はおすすめなので、したいならした方がいい」
ってことです。

ただ、注意して欲しい点とかもあるので
その辺りを詳しく説明していきます。

就職したくなかったので起業しました。今は月収100万達成

就職って、なんか嫌ですよね。笑

就活もきつそうだし、
就職するとしても
自分が希望する職種につけない可能性もあるし。

あと、たまに
「起業はリスクが高い」
って言う人がいますが、
僕的には就職の方がリスクが高い気がするんですよね。

やりたくもない職務を任されることもあるし、
リストラされる可能性だってある。

もし、雑務とか任されて
そのあとでリストラとかされたら最悪ですよ。

中途採用はスキルがなければ必要としてくれる企業も少ないですし。

なので、僕はそんなリスクを避けるためにも
自分で起業の道を選びました。

ただ、起業当時はめちゃくちゃ不安でしたね。

起業した時は大学3年で、
周りは徐々に就活の準備を始めている中

自分だけ、「起業する」と言って
完全い浮いてましたね。笑

何をして起業するかも決まってなかったですし、
友人と「とりあえず何かしよう」って。

ただの意識高い系です笑

でも、なんか自信があったんですよね。

「やればできるんじゃないか」って。

ただ、今思えばこの自信はめちゃくちゃ重要でした。

僕が就職したくなかった3つの理由

あなたの、就職したくない理由ってなんですか?

僕には就職したくない理由が5つあるんですが、
ここではその中の3つを紹介します。

理由1:都内で働きたいけど、満員電車に絶対乗りたくなかった

僕は基本的に電車に乗りたくないんですよね。

なんか、
電車の中って負のオーラが出てる人が多い気がして。笑

それに、都内の通勤・帰宅ラッシュは地獄ですよ。

知らない人が半径1メートル以内に
5人くらいいます。

もちろん、都心を避けて
地方の企業を選べば満員電車に乗る必要はありませんが、
そのために都心を離れるのは嫌です。

なので起業しました。

サラリーマンの先輩からは
「1年経てば満員電車も慣れるよ」
と言われましたが、
あの異常な状況に慣れたくなありません笑

むしろ、慣れたら負けな気がするww

起業の理由って難しく考える人多いですが、
シンプルに嫌なことを避けるのは正しいと思う。

中には「世界を変えて、インパクトを与えたい!!」
という理由で起業する人もいますが、

僕はそんな理由1つもありません。笑

ただ単に、満員電車が嫌だから起業しました。
って周りに言ってます。

別に、起業してお金を稼げれば
あとで、社会に貢献する大きなこともできますし。

まずは、理由より結果が重要かなと思う派です。

理由2:自分が嫌いなタイプとは働きたくなかった

2つ目の理由は、
「嫌いな人と働きたくなかった」
と言うもの。

就職して会社に入れば
一緒に働く人は基本的に
選べません。

指定された部署に行き
指定された席に座ります。

なので、嫌いな人と仕事をする環境になる可能性もあるわけです。

僕は大学3年の時にこの経験をしました。

当時、あるベンチャー企業で
長期インターンをしていたんですが、
半年くらいったったある日

めちゃくちゃ無愛想で上から目線のAさんと言う人が
社員として入ってきたんです。

僕を含め、
当時その会社にいた他の社員も
Aさんにはかなりストレスを抱えていました。

インターンの僕は週に2〜3日一緒に働くだけでしたが、
他の社員さんは週に5日一緒に仕事をしなければいけません。

1日8時間以上も一緒の空間で
そのAさんと働かなくてはいけない。

8時間と言うと1日の3分の1です。

と言うことは、これからの人生
そのAさんが辞めるか、
自分が辞めるかしないと
毎日3分の1の時間をAさんと一緒にいなくてはいけない。

これ、
人生の幸福度確実に下がりますよね。

だって、人生の3分の1を嫌いな人と
我慢して過ごさなくてはいけないんだから。

僕はその体験後に
「働く人は絶対自分で決められるようになろう」
と決めました。

結果的に起業した今は、
好きな人とだけ仕事ができてますし、
パソコン一台あれば仕事できるので
場所も自由です。

人間関係のストレスはゼロ。

就職したら
人間関係に悩むことは間違いないでしょう。

理由3:若いうちにお金を稼いで遊びたかった

20代サラリーマンの平均年収はいくらか知っていますか?

346万円だそうです。

これは20歳〜29歳までのサラリーマンの平均です。

さらに、この346万円と言うのは、
年金や保険料を引く前の、
額面上の金額です。

つまり、自分の元に入ってくるお金は
さらに少ない。

おそらく
手取りは1ヶ月で20〜25万くらいになります。

間をとって月収23万円だとしても
月6万円の家賃を払い、
食費に5万円、
光熱費に1万円、
貯金に5万円、
スマホ代に1万。

だとしたら、
自分が自由に使えるお金は
月に6万円あればいい方です。

確かに、
年功序列の企業に入れば50代になれば
月収も40万くらいには上がります。

でも、家族ができたら、
20代より自分の使えるお金は減ります。

つまり、
就職して普通にサラリーマンとして働いてたら
一生貧乏です。

これが現実なんですよね。

僕はこの事実を知った時、
素直に「こんな人生は嫌だ」
と思いました。

自分が頑張ってもそれは会社の業績になるだけで
給料も上がらない。

それなら自分が頑張った分の給料がもらえる道を選ぼうと
起業しました。

僕が起業した理由をさらに詳しく紹介している無料メルマガもあるので
興味がある方は読んでみてください。

あなたは起業に向いてるのか?大学在学中に起業した僕から2つの質問

就職せずに起業しようと思っているあなたに対して
2つ質問させてください。

この2つの質問に答えてもらえれば

  • あなたは起業に向いているのか
  • 大人しく就職した方がいいのか

がわかります。

質問1:なんのために起業するのか?(目的)

1つ目は、起業の目的です。

なぜ起業したいのか考えてみてください。

僕で言えば上の紹介した3つの理由などが
起業した理由になります。

あとは、
月100万は稼ぎたいと思っていたからとか。

そんな感じです。

ここで注目するべきは
「自分の奥深くにある理由」です。

たまに、周りの印象とか、見え方を気にして
「社会貢献したい」とか
「格差を無くしたい」とか言う人がいます。

もちろん本気で思っている場合はそれでもOKですが、
その回答にさらに「なぜ?」と問いかけて答えられますか?

「格差を無くしたい」
↓なぜ?
「・・・・・・」
↓なぜ?
「・・・・・・」

最低でも3つ4つは「なぜ」を繰り返し
深掘りしましょう。

そうすると本当の目的が見えてきます。

中途半端な目的で就職したくないとか
起業したいとかだと、
絶対挫折します。

やはり、自分1人で起業して
0から売上を作るのは大変なことです。

なので、目的が弱いと
途中で投げ出したくなります。

質問2:もし、ダメだった時の保険はあるのか?

2つ目の質問は、
「もし失敗した時の保険はあるか?」
もしくは「失敗した時の覚悟はあるか?」

と言うものです。

僕は、もし今の事業がうまくいかなくなり
食べるのに困っても
「うちで働いてよ」
と言ってくれる会社が今の時点で4〜5社あります。

それだけの能力もありますし、
会社の売上に直結するような仕事をできるからです。

もし、保険がないのであれば
覚悟が必要です。

起業がうまくいかなくて
利益が出なかったら、
「日雇いのバイトでもなんでもする」
と言うような覚悟です。

僕はもともと実績もスキルも経験もなかったんですが、
この覚悟がありました。

と言うのも、もし失敗しても
「最悪ホームレスでもいいや」
と思ってました。

もちろん、最初から諦めることはしません。

でも、もうどうにもならなくなったら
「ホームレスになってそっからまた這い上がればいい」
という覚悟を持っていました。

あなたにこれだけの覚悟はありますか?

もし、あるのであれば
就職しなくて全然いいと思います。

チャレンジしまくってください。

「とりあえず就職して3年後に起業」は無理だよ

大学生の中には
「起業したい!!」
みたいな人がいくらでもいますよね。

実際僕の周りにも、
”起業家志望”の学生はたくさんいました。

でも、その人たちはどうしたと思いますか?

結局みんな就職したんですよね。

で、その人たちが口を揃えて言うのが

「3年経ったら会社辞めて起業する」
です。笑

本当に、
決まり切ったセリフのように頻繁に聞きます。

そもそもなんで3年なのかもわからないですし、
3年経ったら状況は今と大きく全然変わるでしょう。

結婚して子どもがいるかもしれないし、
いい会社に巡り合って、気持ちが変わるかもしれない。

いい会社に出会えるのは素晴らしいことですが、
その時点で「本来の目的はなんだったのか」ブレブレです。

僕の中では基本的に今できない人はこの先もできません。

起業家の先輩に聞いても、
「3年経ってから起業するって奴は絶対成功しない」
って言ってました。

もし3年経っても、
「今は安定しているし、あと3年後にしよう」
となります。

それで気づいたらもう50歳とかで、起業する意欲もなくなる。

これが「3年経ったら起業する」の怖い部分。

思い立ったら吉日。

今行動できない人はいつになっても行動できません。

低リスクで起業するならネット活用の一択

起業したい気持ちはあるけど、
実際どうやったらいいかわからない。

そんな人のために答えを書いておきます。

以下↓↓↓

起業するって聞くと

「300万くらいかかる」
「借金」
「ハイリスク・ハイリターン」
「起業=お金持ち」

みたいなイメージを抱く人がいます。

でもそれは、ただ情報が集められてないだけ。

今は株式会社を作るだけなら
20万〜30万くらいあれば誰でも可能ですし、
借金する必要もありませんし、
10万円もあれば起業できる方法もあります。

低リスクで起業する方法ももちろんあります。

僕がやってるネット起業なら
極端な話パソコンだけあれば
ゼロ円から始められます。

実際、僕はゼロ円で始めました。

なので、準備期間とか必要ありません。

起業しようと思ったらその瞬間にできます。

別に特別なスキルがなくても
資格や能力がなくても全然可能です。

約1年前の僕は、そんな状態でした。

でも、結果として月収40万は
稼げています。

方法とかは後から全力で学べばいいだけです。

リスク管理をしながら、
ビジネスを学んで行けば、
起業で成功することはそこまで難しくありません。

僕が配信しているメルマガでは
起業するためのビジネスの基礎や
具体的な方法を公開しています。

ビジネスの基礎をつけて、
自分で稼ぐ力をつければ正直めっちゃ自由です。

買い物する時に値段を見る必要も無くなりますし、
好きな時間に起きて、
好きな場所で働くことが可能になります。

僕は今この文章を家の近くの
スタバで書いているんですが、
店員さんが可愛いので幸福度高めです。笑

まぁ、就職してスキルや人脈をつけてから起業する
って選択もありですが、
僕から言わせると「逃げ」ですね。

『今やりたいから今やる」
と言う選択を取れる人が成功に近い人だと思います。

メルマガに登録すると
僕が月収40万を達成するまでのストーリをプレゼントしています。

言い忘れましたが、
僕の収入は仕組み化されているので、
寝ていても月に40万くらいが入ってきます。

こんなこと言うと
怪しいですが、事実なので、伝えておきます。

実際、仕組みから収入をえている人は多いですし、
お金持ちと言われる人は
この仕組みを動かして収入をえています。

自分が働くのに限界はありますが、
仕組みを作ってしまえば、
あとは全部自動で動いてくれます。

自動販売機とかも仕組みで動いてますし、
あんな感じのをネットに作るイメージです。

では、今日はこのへんで。

月収40万達成までのストーリーは
こちらからメールアドレスを登録するだけで受け取れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です