社会人2年目だけど仕事を辞めたい人へ。同期の僕から伝えたい3つのこと

どうも、りきです(Twitter

僕は今、社会人2年目の年です。
つまり、あなたと同期。

大学の友人とかと飲みに行って
話を聞いていると

「仕事がつまらない…」

「転職しようかな…」

「2年目だけどもう辞めたいわ…」

というような
話が出てきます。

 

正直僕は
このような話を聞くと

「だったら、すぐ辞めればよくね?」

と思ってしまうタイプです。

だって、人生1回きりだし
会社なんてこの世にいくらでもあります。

 

まぁ、そうは言っても
そんなあっさり

「よし、辞めよう!!」

とは思えないのが現実でしょう。

なので、今回のテーマは
「まだ社会人2年目だけど辞めたい…どうするべきか?」
ということです。

このページを読み終わる頃には
将来への希望が湧いてくるはずです。

2年目であろうと、辞めたい会社にいるのは時間の無駄でしかない

僕らは1日のうち
1/3くらいは仕事しています。

それを週5日とか続けます。

てことは、
人生の半分以上、
7割〜8割は仕事をしているんですね。

 

普通に考えて
人生の7割〜8割の時間を
辞めたいと思っている仕事で費やすのは
もったいない。

仕事が楽しい人と
辞めたいと思って仕事をしている人、
人生を楽しめるのは
絶対、楽しんで仕事をしている人です。

趣味とかで
仕事の穴埋めをしようと思っても
難しいです。

 

仕事の不満とか
やりがいの部分は
仕事でしか補えないんです。

なので、
辞めたいと思っている会社は
なるべく早く辞めるのが正解です。

「でも、2年目の転職ってうまく行くのかな?」という不安

辞めると言っても

「転職がめんどくさい」

「転職がうまく行くか不安」

「転職してやりたいこともないし…」

っていうのが
リアルなところでしょう。

 

これはもう、選択を
天秤にかけるしかありません。

「転職する不安」と「辞めたいという気持ち」
この2つを天秤にかけてみてください。

辞めたいけど、転職への不安が勝つのであれば
まだ転職しなくて平気です。

逆に、どんな不安と比べても
辞めたいという気持ちが少しでも
勝つのであれば辞めるべきです。

 

天秤にかけるときは
2つの選択というのがポイント。

難しいことは考えずに
シンプルに2つの選択を比べてみます。

そうすると
頭のなかがスッキリします。

社会人2年目でも辞めたくなる4つの原因

そもそも、
2年目で辞めたいと思ってしまう原因は
どこにあるのか?

この原因がわからないと
また同じことを繰り返してしまう可能性があります。

次の仕事を探すのにも
別の選択を取るにしても
辞めたくなる原因は
はっきりさせておきましょう。

1:思い描いていた業務内容と違う

会社に入る前は
もっと華やかな感じだと思ってなのに、、、

こういう悩みを持ってる人
多いと思います。

僕も大学3年の時に
旅行系のベンチャー企業で
インターンをしてました。

旅行系てことは
毎日、海外の人とやりとりして
現地の情報とかを集める仕事だと思ってたんです。

 

でも、実際は
日本の旅行代理店と
やりとりするのが主な仕事。

問い合わせ対応が
主な仕事内容だったんです。

それでも最初の3ヶ月くらいは
新鮮さもあって
モチベーションも維持してました。

 

でも、3ヶ月がすぎて
半年くらいになると

「なんで、こんな仕事してるんだろう」

って自分の
中に疑問が生まれます。

もう、こうなると
仕事はつまらないし
辞めたいという気持ちが強くなります。

2:休みが少ない

友人のインスタを見ると
なんか楽しそうに旅行してたり。

でも、自分は休みすらほぼない…

そんな状態だったら
辞めたくなるのも当然です。

今はSNSで
周りの人がどんな生活を送っているのか
見えてしまいます。

そうなると自分の生活と比べてしまいますよね。

 

キラキラした生活をしている人もいれば、
毎日満員電車に揺られて
週1回の休みを寝て過ごすだけという生活の自分。

こんなギャップがあれば
不満もたまります。

3:上司や同期との人間関係がうまくいかない

人間の悩みは
ほぼ人間関係からとも言われています。

つまらない仕事でも
職場の人間関係が
充実していれば
意外と楽しめます。

学生時代の辛い部活も
仲間と一緒だから
楽しんで乗り越えられた、
みたいな。

 

でも逆に
仕事内容に不満がなくても
周りとの人間関係が悪いと
その場にいることすら嫌になります。

もし、人間関係で
嫌な思いをするのであれば
それは一番辞めるべき理由です。

 

仕事のやりがいとかは
自分の考え方次第で
変えることはできますが。

人を変えることはできません。

なので、その場合は
自分で環境を変えるしかないんです。

4:自分の成長に繋がらないと感じる

毎日同じような業務をしているなど、

「この仕事を続けてても、
何も成長できない」

と感じることもあるでしょう。

 

僕がインターンをしていた時も
ずっと問い合わせ対応をしてたので
成長できる感が全くありませんでした。

なので、半年くらいで
辞めました。

社会人2年目ってことは
まだ23歳とかそのくらいです。

僕らのこの年で
成長を感じられないのは
かなり損です。

社会人2年目(同期)の僕から伝えたい3つのこと

1:やりがいを持って楽しめる仕事は絶対にある

日本には400万社くらいの企業があります。

なので、
絶対にやりがいを持って取り組める
仕事はあります。

ただ、まだ見つかってないだけです。

 

なので、やりがいを持って
取り組める仕事を
見つかるまで見つけましょう。

これは、
社会人2年目の今だからこそできることです。

結婚して
家族ができてから

「やりがいのある仕事を探す!!!」

と言っても、
「ちょっと、待って…」

と止められる可能性があります。

 

ただ、多くの人は
やりがいのある仕事を見つけようとしません。

結局、今の仕事でいいか。

と我慢してしまうんです。

でも、今の仕事は
別に今しかできない仕事ではないはずです。

 

僕の考えとしては
20代のうちは
やりがいを持って取り組める仕事を
探す期間。

まだまだ妥協するには
早すぎます。

2:世間体とか無視して、自分の気持ちに正直になった方がいい

辞めたいなら辞める。

やりたいことがあるなら
さっさとチャレンジする。

みんな意外と
やりたいことってあるはずです。

でも、我慢してしまう人が多いですよね。

 

別に、正解とかないので
自分に正直にやりたいことやった方が得です。

周りの目とか
世間体とかを
気にしてしまう人もいますが、

それだと普通にです。

 

周りは
あなたのことをそこまで見てません。

あなたが何をしようと
他の人はそこまで興味がないんです。

なら、世間体とか気にせず
やりたいことをやった方がいいと思いませんか。

3:行動に起こす時期は早いほど底リスク

僕らの年って
失うものなくないですか?

結婚して家族がいれば
別ですが。

まだ結婚もしてない、
子どももいない、
独身で一人の状態の場合、

失うものってマジでないです。

 

これが年を取ってくると
周りからの世間体がさらに気になったり
結婚して家族ができたり、
地位が上がったり、

失うものが多くなります。

そうなると
行動しづらくなるんですよね。

会社を辞めるにしても
今の人間関係を断つにしても。

 

つまり、決断して
行動するのは
早ければ早いほどリスクありません。

だって、失うものないので。

つまり、これからの人生で
一番行動して、チャレンジできるのは
今です。

将来が不安なら、個人で稼げる力をつけるべき

実は僕、
大学卒業後
就職してません。

自分でネット起業しました。

なので、今も
会社に勤めてないんです。

 

個人で稼いでいる人は
だいたい同じ感じだと思いますが、

起きる時間も寝る時間も、
仕事する日も
仕事する場所も
自由です。

働く人も
自分で選べるので
仕事場での人間関係もストレス0。

 

それに、
仕事を頑張るだけ
成果(収入)も付いてくるので
かなりやりがいもあります。

これからは
こういった感じで
僕みたいに個人で稼いでいく人が
どんどん増えていくでしょう。

 

そうなった時
働く人は2極化します。

会社に縛られて生活していく人。

自由度高く働きながら生活していく人です。

 

一方は会社に依存していくしかないんですね。

でも、一方は
会社や人、組織に依存する必要がありません。

それはなぜかというと、
個人で稼ぐ力があるからです。

 

つまり、
個人で稼げる人は
これからどんどん自由度の高い生活をしてきます。

いつでも海外旅行いけるし
住む場所も、仕事する場所も自由な感じです。

実際、僕も
パソコン1台あれば
完結する仕事なので、

海外に住みながら
生活することもできます。

 

正直、今の仕事が嫌だからと言って
転職しても、

その転職先で
また同じようなことを繰り返す可能性もあります。

つまり、雇われている
間はそのリスクが付きまとうんです。

でも、自分で稼ぐ力があると
嫌な仕事だったらいつでも辞められる
という状態が作れます。

 

もし、精神的、時間的、金銭的に
自由度の高い生活をしたいのであれば
若い今のうちに個人で稼げる力をつけるのが
おすすめです。

では、今日は以上になります。

僕がどうやって
個人で稼げるようになったのか?
というのはこちらのページで公開してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です