20代で起業した僕がまずしたこととは?何するか悩む時間は無駄。

どうも、りきです。

僕は大学卒業後、
就職せずすぐに独立しました。

大学3年生の時に
インターンをしてみて

「あ、俺会社に入って働くの嫌だわ」

と思って、そこから
とにかく自分でビジネスを始める方法を
調べに調べまくりました。

 

そして、無事独立でき、
今では同年代の4倍〜5倍くらいの収入があります。

ここまで一気に成長できたのは、
僕に才能があったからとかではなく
「取り組んだビジネスが優秀だったから」
だと思います。

 

なので、今回は
僕が取り組んだビジネスを参考に
20代でこれから起業する人が
何をしたら良いのか?を解説していきます。

では、いきましょう。

20代で起業するのに何するか考えてる時間は無駄

まぁ、何をやるか考える時間は最低限必要です。

でも、考えても別にわからないんですよね。

調べても大した情報って出てきません。

なので、考えてる時間があるなら
思いついたビジネスをすぐに実行してみる。

これが結局一番重要です。

 

僕も今では、ある程度自由な生活ができる
金銭的余裕もありますが、
最初からうまくいったわけではありません。

思いついたもの、
初めて知ったものを
とりあえずやってみたんです。

失うものないから、20代はとりあえずやってみる精神

このとりあえずやってみる精神は
20代の起業で最重要かなと思います。

これが、30代40代となったら話は別です。

だって、家族とか子どもがいたら、
自分以外の生活を確保する必要があるから。

なんかちょっと思いついたアイデアとか
知った情報で、取り掛かれるような状況ではないはずです。

 

でも、20代なら
失敗してもそこまで失うものありません。

僕は大学生の時にビジネスを開始しましたが、
当時は失うものが0でした。

この失うものが0の状態は
20代の最大のメリットです。

何をやってもやり直しが効くし、
起業で失敗しても、
そこからまた就活とかすれば良いだけです。

20代で起業した僕は最初アフィリエイトから始めた

で、僕が起業して最初に何をしたかというと
「アフィリエイト」です。

人の商品や、他の企業の商品を
変わりに売って、紹介料をもらうってモデルです。

 

例えば:シャンプーを1本売ったら、
1000円が自分に入ってくるみたいな。

完全成果報酬型です。

このアフィリエイトは
SNSを使ってやったり、
ブログを書いてやったり、
メルマガを使ったり、
LINE@を使ったり、
直接販売したり。

やり方はいろいろあります。

 

とにかく、自分が変わりに
その商品とかサービスを
売れば報酬が入ってくるイメージです。

なぜ、20代の僕はアフィリエイトから始めたのか?

アフィリエイトって
自分で商品とかサービスを持つ必要がないくて
ほぼリスクがないんですよね。

あと、SNSとかブログ、YouTubeなら
無料で初めて、そこで商品紹介すれば
費用もかからないし。

 

正直、資金がない20代がこれからビジネスを
ローリスク・ハイリターンで始めたいなら
アフィリエイト一択だと思います。

実際に、僕の周りには
20代でアフィリエイトを初めて
月収200万とか、500万くらい稼ぐ人が
ゴロゴロいます。

ただ、さっきもいった通り、
アフィリエイトには
様々なやり方があります。

SNSとかブログとか。

 

なので、このどこで売るか?
を間違えると、稼げません。

逆に、どこで売るか、
しっかり判断できれば、稼げます。

そのくらいシンプルです。

20代で起業するならまず「売る力」をつけるべき

アフィリエイトがまさにそうですが、
20代で起業する時は、まず売る力をつけると良いです。

商品を買ってもらったり、
サービスを使ってもらったり。

靴でも良いし、
シャンプーでも良いし、
アプリでも良いし。

とにかく、何かしら売れないと
起業しても確実に失敗します。

 

結局、売上を上げないと
ビジネスは成立しないので、
何をするにしても売る力は必要です。

さらに今後は、「ネット上で売る力」が必要

さらにいうと、今後は
ネット上で売る力が必須になります。

ネットを使って集客して、
ネットを使って、自分の商品、もしくは
自分が紹介する商品を買ってもらう。

この力があれば、
一生食べるのに困らなくなります。

 

例えば、ネット上で売る力があると
そこらへんに落ちてるただの石でも売れるようになるわけです。

これは、ビジネスの本質を理解してれば可能です。

商品に興味のある人を集めて
その人に商品の良さを伝えて、
信頼関係を築く。

これで商品は買ってもらえるようになります。

20代の起業あるある「アイデア勝負」は無謀

僕もそうでしたが、
20代だと、アイデア勝負で起業する人が多いです。

でも、それって結構無謀だったりします。

アプリを作ってみたり、
ウェブサービスを作ってみたり。

なんか、画期的なアイデアで勝負したくなるんですよね。

 

実際、僕がそうでした。

アフィリエイトの前は
友人とアプリを作ってみたり、
WEBサービスを開発してみたりしました。

けど、結局「売る力」がないので
誰にも使ってもらえません。

もしあの時、売る力があればなと
今になって思います。

 

アイデア勝負ってカッコイイですが、
まずは売上を上げて、
出た利益でそのアイデアを実現させていく。

これが一番イイと思います。

自分でビジネスして売上を上げられる
知識と経験があれば、
アイデアにも磨きがかかるはずですし。

売る力がついたら自分の商品・サービスを持つ

で、売る力がついたら
自分の商品とかサービスを持ちましょう。

なぜかというと、
その方が売上がアップするからです。

アフィリエイトって
紹介料をもらうモデルなので、
一番儲かるのは、その商品を持ってる人です。

なので、最終的には
商品を持つ側になる必要があるんです。

 

商品をもてば
売れた分の売上が全て自分のものになります。

例えばアフィリエイトで、シャンプーを売った経験がある場合、
今度は自分でシャンプーを作れば
普通に売れるわけです。

ていうのは
売り方を知ってるから。

どんなシャンプーを作れば、
どのくらい売れるのか?
その計算ができるようになるわけです。

その計算ができると
銀行からお金を借りることもできます。

資金の悩みも解決するわけです。

あとは、実際にシャンプーを作って
売るだけ。

別にシャンプーじゃなくても
何かサービスでも同じです。

起業=ビジネス=価値提供を忘れない

ビジネスは価値提供なので、
自分が今どんな価値を提供できるのか考えましょう。

どんな人のどんな悩みを解決できるのか?
ということです。

 

人の悩みを解決できれば
ビジネスとして成立します。

これが基本です。

その方法として
変わりに商品を売ってあげる。
というものがあります。

 

商品が売れなくて困っている、もしくは
もっと自分の商品を売りたい、
と思っている人の悩みを解決するわけです。

あとは、どう売るか?
ですよね。

先ほども言いましたが、
僕は最初に、ブログで商品を売っていました。

でも、それだと効率悪いなと途中で気づいて
その後はお客さんの「リスト」をとって
そのリストに対して
商品を紹介していくように変えたんです。

そしたら、売上が
倍以上に伸びました。

 

これはリストマーケティングという
売り方です。

この売り方を身に着けると
正直、なんでも売れます。

僕のLINE@で詳しい方法などは
解説しているので
興味がある方はそちらをご覧ください。

では、以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です